2015年10月09日

和泉川沿い散策路(瀬谷区・泉区)

1510ftatsu1.jpg

瀬谷区・二ツ橋から和泉川に沿って散策路(遊歩道)を泉区方面へ。
二ツ橋の水辺です。

1510futacos2.jpg

二ツ橋の水辺のコスモス。
この小道はアガパンサスの時期が素晴らしいです。

1510seizu3.jpg

宮沢ふれあいの水辺。なんだかのどか〜。

1510akiazami4.jpg

宮沢ふれあいの水辺で咲いていた秋薊。

1510kibashicos5.jpg

スロープの木造橋(東山橋)の向かい側にあるコスモスの小道。
二ツ橋のコスモスより華やかでした。

1510kibashicos6.jpg

今年はあまりコスモスを見てなかったので、和泉川沿いで堪能しました。

1510miyazawa7.jpg

宮沢遊水池。
いつも釣り人がいます。

1510kunugi8.jpg

泉区側の和泉川沿い。
いろいろなどんぐりがたくさん落ちてました。
くぬぎの実は丸くて可愛いですね。

1510akasaka9.jpg

環状4号線と交錯する新赤坂橋(環4)と下和泉橋(和泉川)の
間にある畑で柿がたくさん生ってました。

瀬谷・二ツ橋から鍋谷橋まで秋の風景が楽しめた和泉川沿いでした。


ポチいただけるとうれしいです

環状4号線で下瀬谷橋まで行き、相沢川沿いに中原街道へ出て南台から
厚木街道の二ツ橋を経由しての和泉川沿い。すべて走ってます。往復19km。


posted by ぽち at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉区どうでしょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月22日

天王森の彼岸花と案山子の結果(泉区)

1509ten1.jpg

天王森泉館の横、見晴らしの丘に続く小道。

1509ten2.jpg

緑鬱蒼とした中に彼岸花の一団がありました。

1509ten3.jpg

野薊もすぐそばで咲いてました。

1509ten4.jpg

泉館の門前にはこんなにたくさん。

1509ten5.jpg

弁財天の泉へ続く土手です。

1509ten6kakashi.jpg

天王森かかしコンテストの審査結果が出ました。
最優秀賞はこちらの「まれ」に出てくる魔女人形でした。


ポチいただけるとうれしいです
posted by ぽち at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉区どうでしょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

天王森かかしフェス(泉区)

kakaf1.jpg

今年も始まりました。
天王森かかしフェスティバル。
今年はどの案山子が大賞をとるのでしょうか?

kakaf2.jpg

1番きちんと作ってあった感がある案山子。

kakaf5.jpg

泉区のマスコット(ゆるキャラ)いっずん。
湧水や水のきれいなところに住む妖精さんです。可愛い♪

kakaf3.jpg

まあ、こういうのとか。

kakaf4.jpg

このあたりは案山子らしくていいかも。
ディスクはきらきら反射して鳥や虫よけになるんですよね。

kakaf7.jpg

タイトル「ザリガニ」。
このシンプルさ、ぽち的にはお気に入り。

kakaf8a.jpg kakaf8b.jpg

えーと…案山子らしくていいのですが。
「ピーチ」(オレンジ頭)と「マリオ」(青あたま)だそうです。
園児と一緒に作りましたって書いてありました。
なぬ? 園児だけならわかるけど。 一緒ってオトナも手を貸したの、コレに?

…オトナはもう少しコドモを導いてあげてよって切に思ったよ。
ピーチに王冠くらいつけてあげるとか。
マリオは…(何をどうしたらいいか正直わからないけど)。

kakaf6.jpg

マリオっていったらやっぱりこれですね。


ポチいただけるとうれしいです
posted by ぽち at 21:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 泉区どうでしょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月07日

7〜8月の近隣の花(泉区)

0807kuri.jpg

散歩中見かけた泉区側のお花。7月〜8月初旬です。
いきなりお花ではなく栗。見下ろせる丈の栗の木に生ってました。

1807sp.jpg

環状4号線沿いの百日紅(さるすべり・ピンク)。

0807sw.jpg

百日紅(白)。

0807spp.jpg

百日紅(薄紫)。
並木の色が区画ごとにかわります。

0807car.jpg

畑の人参の花。

0807janome.jpg

和泉川沿いで咲いていた波斯菊(ハルシャギク)。
見た目から蛇の目菊とも呼ばれます。

0807no1.jpg

凌霄花(のうぜんかずら)。
大好きな花です。 

0807no2.jpg

好きなのでもう1枚。

お花の写真こそ一眼で撮りたいのだけど、撮影散歩でないと
重くて持ちだす気になりません。全部スマホ撮り。


ポチいただけるとうれしいです

posted by ぽち at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉区どうでしょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月13日

泉小次郎伝承地・神明社(泉区)

izumisinmei.jpg

鎌倉時代、和田合戦の引き金を引いた
人物である泉小次郎親衡が、自身の館の
鬼門よけとして勧請した神明社です。

izumisinmei2.jpg

泉小次郎は信濃国の住人ですが、
この近くに城館を構え(現・泉中央公園)、
周りに神明社のほか、滝前不動、長福寺、
須賀神社の前身を建てています。

izumisinmei3.jpg

建暦2年(1213年)に源頼家の遺児・千寿を担いで、
和田一族とともに時の執権・北条義時に反乱を
企てたものの実行前に発覚、これが和田合戦の
きっかけとなり、泉小次郎は信濃へ逃亡したと
伝えられています。

神明社(中村の神明さま):泉区和泉町3695
撮影日:2014年7月21日(月)

泉小次郎関連・参照過去記事:
http://tottokocubtaro.seesaa.net/article/133646575.html
http://tottokocubtaro.seesaa.net/article/132102847.html
http://tottokocubtaro.seesaa.net/article/132029078.html
http://tottokocubtaro.seesaa.net/article/131854379.html

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ ポチいただけるとうれしいです
携帯の方はこちらからよろしくお願いします→ http://localkantou.blogmura.com/kanagawa/
posted by ぽち at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉区どうでしょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月29日

下飯田・左馬神社(和泉七サバ・7)

7saba7a.jpg

下飯田の鎌倉古道沿いにある左馬神社。
(正確には古道からバイパス状に伸びた
現在の道)。

サバ神社の中ではめずらしく、
鳥居がふたつあります。

この鳥居前に古道から直進させた現在の
道路ができ、参道が分断されたようです。
昔は古道から参道が始まっていたというので
もうひとつ鳥居があったか、この鳥居を
ここに移動させたかかと思われます。

7saba7b.jpg

こちらの鳥居前には石仏がいくつか
並んでいます。

7saba7c.jpg

勧請年代不詳。
俚伝には飯田郷の地頭、飯田五郎家義が勧請し、
小田原北條の時代に下飯田を治めた川上藤兵衛も
武運長久の祈願をしたとある。

天正18年(1590)に下飯田の領主になった
筧助兵衛(かけいすけひょうえ)為春が、
地域の鎮守さまとして信仰し、社殿の修復をしたという。

明治6年に下飯田村の村社に列せられた。

7saba7d.jpg

ご祭神は左馬頭源ノ義朝。

境内には横浜市名木古木に指定された
大きなイチョウの樹があります。
数年前、落雷で無残な姿になりましたが、
今回訪れたらだいぶ復活していました。

横浜市泉区下飯田町1389
参考:神奈川県神社庁

撮影日:2014年8月26日(火)
関連過去記事・和泉七サバまいり:
http://tottokocubtaro.seesaa.net/article/404493815.html

これにて七サバ終了いたします。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ ポチいただけるとうれしいです
携帯の方はこちらからよろしくお願いします→ http://localkantou.blogmura.com/kanagawa/
posted by ぽち at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉区どうでしょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上飯田・飯田神社(和泉七サバ・6)

7saba6a.jpg

いちょう団地近く、上飯田にある飯田神社。
新編相模風土記稿に「飯田明神社、鯖明神とも唱ふ、
村の鎮守なり、稲荷、山王を合祀す、村持。」と
記されている、境川流域にあるサバ神社のひとつです。

ご祭神は左馬頭源義朝、宇迦之御魂大神、
大山咋大神。

7saba6b.jpg

勧請年代、不詳。
「延応元年(1239)に飯田三郎能信、
当時の地頭に復するや篤き奉幣の儀あり
猶知行平山源太郎の崇敬特に深かりし社なり」
(社伝)。

寛政12年(1800)2月、式部権大輔菅原長量が
「飯田大明神」と刻まれた銅製の神号額を奉納。
文化13年(1816)2月に神祇管領占部朝臣良長が
幣帛を献上して祝詞を奏上。

明治6年(1873)に村社に列せられる。

7saba6c.jpg

現在の社殿は昭和30年に新築されたものだそうです。

鳥居前に庚申塔ほか石仏多数、六地蔵ならぬ
七観音があります。

横浜市泉区上飯田町2517
参考:神奈川県神社庁

撮影日:2014年8月26日(火)
関連過去記事・和泉七サバまいり:
http://tottokocubtaro.seesaa.net/article/404493815.html

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ ポチいただけるとうれしいです
携帯の方はこちらからよろしくお願いします→ http://localkantou.blogmura.com/kanagawa/
posted by ぽち at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉区どうでしょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月21日

境川沿いの彼岸花

140917sakaigawa1.jpg

境川沿い、渡戸橋からの鎌倉古道近くの田んぼ。
あぜ道に彼岸花が咲いています。

140917sakaigawa2.jpg

田んぼはこんな感じです。
写真向かって右手方面に鎌倉古道があります。

140917sakaigawa3.jpg

境川にかかる木造の渡戸橋です。

以前、同じ時期にわんこを連れてきてから
5年も経っていました。

過去記事:わんこを連れてくる前のカブ太郎で下見
http://tottokocubtaro.seesaa.net/article/128318231.html

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ ポチいただけるとうれしいです
携帯の方はこちらからよろしくお願いします→ http://localkantou.blogmura.com/kanagawa/


posted by ぽち at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉区どうでしょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月10日

神田・佐婆神社(和泉七サバ・3)

7saba3a.jpg

和泉川沿い、いずみ中央の北、
旧字名・神田に建つ佐婆神社です。

7saba3b.jpg

ご祭神は左馬頭源ノ満仲。
通称「へっついさま」。

通称から塞の神的な役割を期待されていたとも
推測されます。
疫病が侵入してこないように…とか?

7saba3c.jpg

勧請年代不詳。
伝承では、寛文年中(1660年代頃)に
伊予河野氏の後裔・石川治右衛門が、
一統の守護神として奉斎したのが創祀とされるが、
慶長年中(1600年前後)の勧請という記録もある。
天保6年(1835年)に社殿修復をした時の棟札あり。

7saba3d.jpg

境内には横浜市名木古木指定の
樹齢380年のタブノキがあります。

社殿背後に見えるのは相鉄線の高架です。

所在地:横浜市泉区和泉町4811
参考:神奈川県神社庁

撮影日:2014年8月26日(火)
関連過去記事・和泉七サバまいり:
http://tottokocubtaro.seesaa.net/article/404493815.html

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ ポチいただけるとうれしいです
携帯の方はこちらからよろしくお願いします→ http://localkantou.blogmura.com/kanagawa/
posted by ぽち at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉区どうでしょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中之宮・左馬神社(和泉七サバ・2)

7saba2a.jpg

和泉川沿い、川をはさんで修悠館高校の
向かい側、小道奥に建つ中之宮左馬神社。

7saba2b.jpg

ご祭神は左馬頭源ノ満仲、天照皇大神。

創建は源氏隆盛の頃とされており、
新編相模風土記稿には「鯖明神社」と記載あり。

寛永2年(1625年)12月に能見松平家が
和泉村の領主になり、村の鎮守として再興。
また能見松平家累代の祈願所となり、
明治6年(1873年)12月に和泉村の「村社」となる。
文化13年(1816年)、天保6年(1835年)の棟札が存在。

7saba2c.jpg

本殿は総檜造だそうで、現在の社殿は
本殿を保護するために平成16年に
新築されたものだそうです。

境内、北側の出入り口に石碑・石仏
多数あります。

所在地:横浜市泉区和泉町3253
参考:神奈川県神社庁

撮影日:2014年8月26日(火)
関連過去記事・和泉七サバまいり:
http://tottokocubtaro.seesaa.net/article/404493815.html

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ ポチいただけるとうれしいです
携帯の方はこちらからよろしくお願いします→ http://localkantou.blogmura.com/kanagawa/
posted by ぽち at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉区どうでしょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。