2012年04月19日

わが心の師匠(将棋の)谷川浩司

tanigawa.jpg

初級者向けの本は多くはないものの、それなりに出ています。
たぶん最近の物では羽生さんの本がオススメなのでしょう。
本屋で立ち読みしてかなり欲しくなりました。

しかし。「この人について行くわー」とばかりにその人の
棋譜や本を中心に勉強するのもいい方法だと思っています。
囲碁では秀策でした。教材としては石倉昇・梶原武雄両先生の
本も使ってました。この3名がぽちの囲碁の師匠です(勝手に…)。

将棋は… 定跡のかたち別の本を読んだことはありましたが
誰かが書いた物としては、中原誠の子供向けのものくらい。
そこで、今までは難しそうという思いから手に取ったことは
なかったタイプの本に手を出しました。

ぽちの心の師・谷川浩司さんの本。
そう、将棋ではこの人しかいないのです。ぽちにとって、
師匠について行きます!な気持ちになれる人は。

光速の寄せとかぽちのレベルには関係ないんですけど、
棋譜並べとかもしようかと。
書評を見ると「本筋を見極める」は初心者にもいいらしい。
谷川さんらしい(美学のある)将棋の本筋を手ほどきして
くれているようです。すごいヤル気になってきたー(`・ω・´) シャキーン

さて、メンクイなぽちが何故この方なのかというと(失礼)、
「書」で驚く思いをしたことが発端なのでした。
揮毫の「飛翔」、かなり古い色紙が天童の将棋店の壁に
飾られていました。見た瞬間、清冽凜然と言いましょうか、
美しく澄んだ水が滝行の滝の勢いで心に響いたんです。
衝撃でした。書なんて興味もないし全然わからないから。

それで見る目が変わり、その後に人となりがかなりの
人格者であることも知るに至り、大ファンとなっていました。

ま、そういうのがあるので、羽生さんが谷川さんと対局した時の
態度を思い出すと、どんなに本の内容がよくても羽生さんを
師として勉強する気にはならないのよ〜。
(あ、羽生さんのファンでもあるんですけどー、というか
あの天才少年たちの年代みんな好き)。

アマゾンの中古本でGETした2冊。
1冊はまだまだ不要でしたが、届いた昨夜から本筋を見極めるべく
お勉強し始めましたー。

にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ
ポチいただけるとうれしいです

posted by ぽち at 21:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 囲碁・将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月14日

春からのハマリもの3・将棋(持ち物自慢!?)

shogi1.jpg

ぽちの将棋セット。
…ウソです(^^;)

春からのハマリもの、何度目かの挑戦となる将棋のお勉強。
ぽちダンナからこの駒をもらいました。
駒は木の手触りのいいのじゃないとイヤなので、実家から
駒だけ取ってこようかなと話していたらくれたんです。
七寸脚付き将棋盤・駒台とセットだった駒です。
手触りいいですv

shogi2.jpg

ぽちダンナはリビングの押入れにある折り盤をぽちが使うと
思っていたらしいのですが、和室(ぽちダンナの部屋)に
置きっ放しで造花の台になってたセットを勝手に自分の部屋に
持ち込みました。

だってね、ぽちダンナはお気に入りの四寸脚付きと、天童まで
旅行して買った駒があるから、これ使ってないんですもん。
使わなきゃもったいないでしょ、たとえ猫に小判でもあせあせ(飛び散る汗)

shogi3.jpg

桐覆いと駒袋・駒箱もついてるセット。
実はすごいんですよ。20年近く前、将棋新聞(週刊将棋)の
懸賞で当たった七寸フルセットなんです(当時10万相当)。
ぽちも懸賞によく当たりますが、ぽちダンナもなかなかよく
当たります。1商品の金額ではこの1品のために負けてます(^^;)

15年ほど前に、将棋熱が復活した義父へぽちダンナが
そのままあげました。が、昔の人なので、息子と対局以外では
しまいこんでたんですね。2年前の実家大片付けで引き取った後、
花台と化してました。

引き取ってきた時、白カビが浮いたりしみっぽくなったり
していたところを椿油で拭き取りましたが、使おうとしたら
また少し出ていました。
こっきり椿油で磨き、シミの多い桐覆いも拭いて風を通したり。
磨きつつ使っていれば白カビは出てこなくなると思います。

と、手をかけたので、勝手に持ち込んでるのを見て一瞬目が
テンになってたぽちダンナも「いっぱい使って強くなってくれ」
とエール(?)をくれました(^^)

強くなるための軍資金(?)としてもらった駒。
ぽちダンナに2枚落ちで勝てたら駒台を、飛車落ちで勝ったら
この七寸将棋盤を晴れてもらえることになりました。
…でもいつの日なんでしょうね?
ちなみにぽちダンナが持ってる免状は初段ですが、2〜3段の人と
勝ったり負けたりしているレベルです。

にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ
ポチいただけるとうれしいです

昔買った本を引っ張り出してやってるんですが、塚田スペシャルとか
載っていて懐かしさがこみ上げてきました〜。
  
  
posted by ぽち at 18:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 囲碁・将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

よんろのご(囲碁)

yonro1.jpg

張栩さんの四路盤セットが商品化されていました。
「よんろのご」。

yonro4.jpg

こんなに可愛いんです!
盤上の烏鷺の戦いならぬ、樹上の青リンゴvs.赤リンゴですよ。

小冊子の問題集と一緒に厚紙でできた箱(上の写真)に入ってます。
こんなので小さい子供と遊びたいですね〜。

yonro2.jpg

興味を持ったのは「よんろのごのほん・張栩からのもんだい100」でした。

yonro3.jpg

簡単だけど、囲碁の基本がつまってます。
以前、張栩さんが四路と侮る勿れ的なことをおっしゃってました。
そう、たしかに簡単だけど、パズルっぽい奥の深さがあります。
対戦をする機会がないぽちには、こういう手軽な遊びが
ちょうどいいんです。

以前(もう2年近くも前…)、張栩さんがお嬢さん用に作った
お手製の四路盤を披露されていた記事はこちら:
http://tottokocubtaro.seesaa.net/article/148845656.html

この時、力を入れていると話のあった十三路盤も、テキストとか
商品化して欲しいわ。

にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ
ポチいただけるとうれしいです

PCは思いの外、早く修理から戻りました。
BIOSがおかしくなってたらしいです。

XPからWin7になって使えなくなったHP作成ソフト。
新しい作成ソフトを手に入れたので、ぼちぼち
「カブ太郎車庫」の更新とリニューアルに向けて
作業しはじめました。…いつになるやら。

posted by ぽち at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁・将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

NHK囲碁講座の別冊付録(13路盤)

igofuroku.JPG

久しぶりの囲碁話題。
NHK囲碁講座(月刊誌)、13路盤でのビギナー向け講座が
別冊付録になってます。今月号でヨセまで進みました。

これ、初期のものはいらないわと思ったのですが、もう少し前の
ものから買えばよかった!

梅雨前からのバタバタ家庭事情で囲碁はすっかりご無沙汰してました。
いつも近くの本売り場で囲碁雑誌の立ち読み(役に立ちそうなら買う)を
してたんですが、その頃から囲碁雑誌をぱったり見かけなくなってしまってました。

2ヶ月くらい前、ちょうどお店の人が居らしたので軽く聞いてみたところ、
「発売日にほんの少し入れてるけど、最近は発売日に売れてしまう」とのこと。
ヘルパーさんに連れられた高齢の方が多くなったのが原因かもと仰ってました。

そうしたら!先月号、たくさん入荷してましたわーい(嬉しい顔)
これは「買え」ってことですか。いえ、買わないと申し訳ないような…。
というわけで、今月号も大量入荷されてたので引き続き購入。

他のお店に立ち読みしに行ってたら、欲しい進み具合のところから
買えていたのにと付録をみて後悔ふらふら

「囲碁未来」(日本棋院級位者会員誌)も少し前、ヨセと目算トレーニングの
特集をしてました。ヨセとか終局処理を扱ってくれるのは、ゲームをする
機会のないぽちにとってありがたいんです〜。

ビニールマットの13路盤しか持ってないけど、ちゃんと並べてみよ…。

ブログランキング・にほんブログ村へ ←みなさまのポチがはげみになります♪
posted by ぽち at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁・将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

「オールイン」主人公は囲碁棋士

イ・ビョンホンが主演する韓流ドラマ「オールイン・運命の愛」。
見たこと無いのですけどふらふら、ドラマの原作小説「オールイン」は韓国の囲碁棋士で
アメリカでギャンブラーとして成功したチャ・ミンスの実話と聞いて読み始めました。
(葬儀でバタバタする前日に図書館で借りたので上下巻を急いで読まないと〜)。

ドラマの主人公の設定は知りませんが小説は実話。
女手ひとつで実業家として成功した母親に育てられたお坊ちゃんで、IQは144。
幼稚園の時に囲碁はそこそこの級まで進み、いろいろなことに負けず嫌いぶりを
発揮していくうちにまた碁会所通いを始めて…。読んだのはここまでなんですが。

富士通杯のアメリカ予選ではマイケル・レドモンドを破ってアメリカ代表になったり、
本選で趙治勲に白番で勝ったりしたこともあるとか。
強い棋士なんですね〜。アメリカでは囲碁普及にも尽力した人らしいです。

ギャンブラーって横文字だとピンとこないけど、勝負師ですよねぇ。
勝負師!好きなんですよ〜、泥臭さに辟易することもあるけど勝負師の話好き!
将棋でも(囲碁よりも将棋の方が勝負師くさい話が多いと思う)、麻雀でも。
はずかしながら「哭きの竜」(マンガ)とか「雀鬼」(小説・映画)とか
何度と無く見ちゃってます。そもそも発端は「麻雀放浪記」(映画)かも。

ゾクゾク感がたまらないんですが、「オールイン」でそういうのがあれば
いいなーと思ってます。
あ、ギャンブラーとして本領発揮するのはポーカーのようです。
賭け碁じゃないんですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ ←みなさまのポチがはげみになります♪
posted by ぽち at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁・将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

張栩オススメ四路盤

yonro1.JPG

ひらめき4路盤勝負!(詰碁問題です):青先で勝ってください。

今週の囲碁パラダイス、囲碁パラトークのゲストは張栩棋聖。
楽しみにしてました〜るんるん

台湾で張栩杯という13路盤の棋戦をスポンサードされている張栩さん。
日本でももっと13路盤を普及させたいと話されてました。
将棋並みの時間で気軽に対局できるうえに、なかなか奥が深い13路盤。
…ストレートに心を語っちゃう張栩さんらしく、「中級くらいまでの人で
まだ19路盤は早いと思える人が多い」ってーたらーっ(汗)

普段19路盤をしていても、13路盤ならちょっとした時間に楽しめますよね。
9路盤はある意味シビアで疲れるけど…。

そんな張栩さん、入門用に4路盤をオススメされてました。
4路盤でもこんなに奥が深いのかと、ハマってらっしゃるようです。
画像の4路盤、張栩さんのお手製なんですよ〜。
4歳の愛娘・心澄(こすみ)ちゃんのために、お菓子の缶と色紙と百均の
マグネットで作ったものだそうです。

4路盤だとすぐに詰碁状態になりますね。
上の画像から問題とけましたでしょうか?
セキになったらダメなんです。ぽちは最初、セキにしちゃいました。

下に答え画像。

yonro2.JPG

4路盤、面白いかも。

ブログランキング・にほんブログ村へ ←みなさまのポチがはげみになります♪
posted by ぽち at 21:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 囲碁・将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

GO!GO!囲碁で

iyama12.JPG

アニマックスで放映している「ヒカルの碁」。
(進行具合が違う放送の仕方をしています)。

アニメのあとにやっていたミニ番組「梅沢由香里のGO!GO!囲碁」も
ちゃんと放送されてるのですね。

今日、久しぶりに25話と26話の放送を見たら、2話ともGO!GO!囲碁に
プロ入りしたばかりの井山裕太名人が出てました。
新初段、12歳です。(シャッターのタイミング悪くてスミマセン)。

有望とは思われていても、19歳で名人王手、20歳で奪取するとは
この頃想像していた人いなかったでしょうね…。

ブログランキング・にほんブログ村へ ←みなさまのポチがはげみになります♪
posted by ぽち at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁・将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

韓国の囲碁とゼイノイと

韓国語学習(独学)を始めて早2ヶ月が過ぎました。
言葉のみならず、すっかり韓国にはまっているぽちです。

ハングル文字に興味を持った時、すんなりと韓国語やってみようかなと
思えたベースには、韓国棋院&韓国の囲碁棋士のことがありました。

きっかけは年明け早々の将棋欄。
強い女流将棋棋士(里見香奈さん)に、女流囲碁棋士のゼイノイのように
なって欲しいというようなことが書かれていました。

それまでゼイノイさんのことを知らなくて、軽く調べてみたらメチャクチャ強い
中国出身の女流棋士で。天安門事件の時に中国を出て来日。

日本棋院は彼女を受け入れたら日本の女流タイトルを総なめにされるとの
危惧と中国からの要望で棋戦への参加を認めず、日本の研究会で勉強した後、渡米。

その後、客員として韓国棋院に招かれ、現在は客員扱いでもなくなったようです。
韓国では日本の名人戦クラスで男性棋士相手にタイトルを取ったりと強さは半端なし。
将棋欄の記事には「女流が羽生さんに勝って名人になるようなもの」とありました。

先日、女流囲碁棋士の鈴木歩さんと対局した模様を囲碁雑誌で見ました。
指導碁のような内容だったらしいですたらーっ(汗)

ぽちとしてはゼイノイさんを受け入れた韓国棋院がすごいって思ったんですね〜。
女性だとか国籍だとかを超えて、国手戦でタイトルを取っちゃう囲碁棋士としての
強さを大切にしてる大らかさ(?)に。
その辺が「韓国ってどんな国?」とやや興味を持つきっかけになりました。

さて、韓国系ブログを見てまわってる中で、韓国人と日本人の感覚の差は
脳のタイプにあるという本の話をみました。
日本人は左脳型が70%、右脳型が30%。
対して韓国人は左脳型30%、右脳型70%なのだそうです。

これだけ見ると囲碁が日本より強くて当たり前なのではと思ってしまいませんか。
将棋や囲碁は右脳が発達している人ほど強いと言われてますよね。
「羽生の脳」についてTVでも(書籍でも)特集されたのを見ましたが、
彼の右脳のすごさがいろいろな点から検証されてました。

それでも将棋は囲碁に比べて文脈型の1本道のゲームで、左脳の優れた能力を
必要とするそうです(by米長氏の著書だったと思う)。
囲碁は将棋よりも右脳の空間認知力を必要とする分、右脳型ゲーム。

囲碁棋士の石倉昇氏は著書で「4面持碁」などは、ヒカ碁・塔矢アキラばりの
若い棋士でないと、左脳が衰えてくるので厳しくなると書かれてました。

半目差などの目数計算は年をとると厳しくなるかもしれませんが、将棋に比べて
囲碁棋士が高齢でも強くいられるのは、空間認知と経験という右脳によるところの
大きいゲームだからなのでしょうね。

そうすると、そもそも右脳型の多い国民の中から囲碁棋士を磨き上げていくのは
圧倒的に左脳型の日本より有利exclamation&question
脳が向いているから囲碁人口も多いとか?(賞金額が人々の関心を呼ぶのだとは
思いますが)。

余談ですが、柔道・相撲・囲碁など日本の文化の中で育まれたものは、強ければ
いいってものではない部分がありますから、囲碁も日本的美学の囲碁と中国や
韓国の勝利だけを目標にした囲碁とのスタイルのせめぎあいは、シロウトの
ぽちでさえ感じます。

囲碁は確実に中国・韓国スタイルに変わりつつあるようで、子供向け大会の
ルールも変更されたりしているようです。
ますます、あちらの脳(?)についていけなくなるかもね〜?

ブログランキング・にほんブログ村へ ←みなさまのポチがはげみになります♪

posted by ぽち at 11:48| Comment(3) | TrackBack(0) | 囲碁・将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月01日

ヒカルの囲碁入門・第2弾!実戦編

hikago.JPG

昨日発売されたらしい石倉昇九段著「ヒカルの囲碁入門・実戦編」。
ヒカルの囲碁入門の第2弾です。

1作目の「ヒカルの碁」のキャラ絵が、コミックのかなり初期のものばかり
だったのに対して、こちらは(通称)オトナヒカルのキャラ絵が使われてます。

中身もよくある初級者向けの本に比べるとぐぐ〜んとレベルアップ。
実戦する機会のないぽちにはいらないのでは?なんて自分ツッコミあせあせ(飛び散る汗)
実戦しないと本だけでは身につきにくそうな内容ですが、勉強して損はないでしょう。

巻末のヨセ問題、もっと欲しいところです。
ヨセでわずかに稼いでいくのをヒカルが「塵もつもればだね」と言うのに対して
佐為の「2目は塵じゃありません!」っていうカットがマンガを彷彿させますわーい(嬉しい顔)

万波佳奈さんの囲碁入門を買ってしまいそうになりながら、そちらは模範的な
棋譜を立ち読みしました。ヒカ碁本がなかったら迷いつつも買ったと思います。
うん、なんとか2冊買いはがまんしました(笑)。
まだ読んでない本が数冊たまってるんで…。

ヒカルの囲碁入門過去記事:http://tottokocubtaro.seesaa.net/article/114013700.html

「みんなで碁・GO HAPPY」今回はゆかり先生対田中くん(アンガ)。
棋譜をとろうと思ってましたが、9子局引き分け(途中教えてもらったりしたという
田中さんの話です)で、しかも進み具合がぴんとこなかったんでやめました。
花ちゃん戦の再放送があったら今度こそがんばって棋譜とりたいです。
今後参考になる棋譜を期待するのは「教えて13路盤」の方かな。

ブログランキング・にほんブログ村へ ←みなさまのポチがはげみになります♪
posted by ぽち at 18:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 囲碁・将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

みんなで碁・花ちゃん対ゆかり先生

囲碁将棋チャンネルの番組「みんなで碁・GOハッピー」。
初級者の戸島花さん(AKB48)と田中卓志さん(アンガールズ)が
子供や保護者とともに、梅沢由香里先生から碁を1から習う番組です。

9路盤、13路盤、19路盤と進んできて、この2人が由香里先生と
対局することになりました。
先に9つの石を置いた9子局での対局で、現在の棋力をはかってもらいます。

対局の立会い&大盤解説には、なんと武宮九段。アシスタントには
稲葉よしこさんとホンモノ(?)棋戦みたい。ゴーカです。

花ちゃんの打つ手を見ていたら、意外にも(失礼)参考になりました。
指導碁みたいなものなので、初級者なら同じように誘導されるのかも
しれませんけど。プロの対局を見るよりもずっと、1つ1つの手が
理解できるという、自分のレベルにドンピシャな内容なんですもん。
花ちゃんレベルの人(初級者)と対局した〜い!

次回は田中さんが由香里先生と対局します。同じようになるかどうか、
参考になるか、楽しみです。

ブログランキング・にほんブログ村へ ←みなさまのポチがはげみになります♪
posted by ぽち at 18:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 囲碁・将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。