2015年11月29日

安曇野の石塔・石仏2(穂高神社)

1hodoso1023.jpg

安曇野にある穂高神社の敷地内に石塔・石仏が集められた
エリアがあります。

2hodoso1023.jpg

安曇野を南北に結んだ千国街道のそばにある穂高神社。
千国街道は上杉謙信が日本海から塩を運ばせたことから
塩の道とも呼ばれています。
過疎になった地域に取り残された道祖神や二十三夜塔を、
人々の願いによって縁あるこの地に祀ることになったそうです。

安曇野の道祖神と違って、砂岩でできているため趣が異なります。

3hodoso1023.jpg

お酒を持った夫婦。

4hodoso1023.jpg

5hodoso1023.jpg

6hodoso1023.jpg

道祖神は村の人の守り神。
一般地域では境・塞を守る、道中を守るのが道祖神ですね。

守り神と同時に縁結びの神としても願いをこめて祀られてきたそうです。
それで夫婦仲良しな双体道祖神が主流なのですね。

7hodoso1023b.jpg

屋根がいいですね〜。

7hodoso1023b.jpg

屋根つきのこちらと。

8hodoso1023mima.jpg

こちら。たぶん両方のことかと思われますが、違っていたら
こちらの道祖神。
北安曇野郡美麻村高出品生にあったもので、縁結びの道祖神として
信仰され、毎年1月15日に道祖神祭が行われていたものと
説明板がありました。

1月15日ってどんど焼きとか塞土焼きの行われる日ですね。
やはり塞の神に関係ある日なのですね。

9hodoso1023mochi.jpg

餅搗き道祖神(複製?)。
群馬県安中市に餅搗きをする道祖神と崇められてきた男女の
双体石像があり…と説明があったので本物ではないと思われます。
本物は寛政八年(1796年)の造立。

夫婦の睦事を杵と臼の餅搗きに見立て、夫婦円満の神として
祀られたもので、説明には道祖神に夫婦の餅搗き像を
思いついた江戸時代の庶民感覚に感心するとありました。たしかにね。

10hodoso1023.jpg

11hodoso1023.jpg

二十三夜塔。
月待信仰の一種で月齢23の日に月待ちをする講(組織)が
供養のために建てたもの。

道々で「三」の文字が刻まれた石塔をいくつかみかけていました。
二十三夜や三夜講が盛んな地域だったのかも。

12omake.jpg

おまけ。
近年できたというステンレス製の道祖神。
神社の駐車場そばに建ってました。
「健康長寿道祖神の像」だそうです。

撮影日:2015年10月23日(金)
穂高神社


ポチいただけるとうれしいです

 
posted by ぽち at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 庚申塔・石塔・石仏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月27日

安曇野の石塔・石仏1(大王わさび農場)

1sekidaio.jpg

双体道祖神発祥の地、安曇野。
道祖神の数は500〜900体と言われています。
旧穂高町だけで130体もあるのですって。

そこまでの数になると、半日程度しかいられない場所で
網羅したいとか調べたいとかいう気持ちは起きません。
立ち寄った観光スポットにあったものだけ見てきました。

大王わさび農場の中に集められた石塔・石仏です。
水車が見えるところには双体はひとつだけ。
両脇は観音菩薩でしょうか。

3sekidaio.jpg

仲睦まじい双体道祖神。
神奈川などで見られる双体はふたり並んでいるだけのものが
ほとんどですが、安曇野では仲良しな夫婦といったものが
メインのようです。

2sekidaio.jpg

観音菩薩?
文化四年(1807年)とあります。
多くの道祖神には建立年月日はほとんど見られないようです。

4sekidaio.jpg

お酒を酌み交わしています。

5sekidaio.jpg

6sekidaio.jpg

こちらは並んで合掌してますね。

7sekidaio.jpg

特大のものがひとつ。
晩酌(?)バージョンです。

8sekidaio.jpg

こんな感じです。

9sekidaio.jpg

こちらもお酒バージョンのようです。

わさび農場だけでなく、まわりの道路を走るだけでみかける
道祖神もたくさんありましたが足を止めず。 
このあと立ち寄った穂高神社には、千国街道(塩の道)にあった
石塔・石仏が集められているのでそちらにだけ寄りました。


ポチいただけるとうれしいです

posted by ぽち at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 庚申塔・石塔・石仏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月07日

藤沢の石塔・石仏6:羽鳥のおしゃれ地蔵(という道祖神)

oshare2.jpg

藤沢市羽鳥の県道43号線沿い、メルシャン前に屋根付きで建つ「おしゃれ地蔵」。
女性の願い事を聞いてくれるといわれ、願いが叶ったらお礼におしろいや紅を
さすことから「おしゃれ地蔵」と呼ばれるようになりました。

oshare1.jpg

ここに書かれているように、元の石仏はどう見てもお地蔵さんではなく、
安曇野発祥の双体道祖神ですね。建立年不明。

oshare2.jpg

石仏の元の顔も不明。
そしてお礼参りのお化粧が途切れることはないようで、見るたびに
見た目が変わってます。

撮影日:2015年9月3日(木)


ポチいただけるとうれしいです

posted by ぽち at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 庚申塔・石塔・石仏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月25日

大和市の石塔・石仏1(上和田)

140826kami1.jpg

大和市上和田1168にある左馬神社。
鳥居の横にずらっと並んでいます。

140826kami2kosin.jpg

青面金剛刻像の庚申塔。
上部に日月、台に三猿。
足元は造形がよくわかりませんが
もしかしたら餓鬼を踏んでるのかも。

右手上・剣、右手下・矢、左手上・法輪、
左手下・弓、右左中は合掌。

向って左側面に「相州高座郡上和田村」と
施主名。
文政六年(1823年)建立。

140826kami3.jpg

詳細不明。

140826kami4.jpg

庚申塔。(塔は土へんに合と下に田)
この文字で書かれているのは初めて見ました。

向って左側面に「宮久保」「城山」。
嘉永五年(1852年)建立。

140826kami5.jpg

140826kami6.jpg

壊れているほうは青面金剛刻像の庚申塔。
天明二年(1782年)か三年建立。

隣りは台座に特徴ありますが不明。
台座の丸いでっぱりとくぼみは花立て?
(泉区中田の御霊神社にある寛文六年建立の
古い庚申塔の台座に池と花立てがあります)。

140826kami7.jpg

「山王大権現」

140826kami8.jpg

女神刻像の地神塔。
向って右側面に「地神供養」とあります。
寛政三年(1791年)建立。

140826kami9.jpg

たぶん「猿田彦大神」。
道祖神と同様にまつられる神様ですね。
向って左側面に文字がありますが読めず。

140826kami10.jpg

青面金剛刻像の庚申塔。
左右上の手が持っているのはたぶん日月。
真ん中は合掌。
左手下は弓、右手下は矢。
台に三猿。

安永八年(1779年)建立。

状態のよくないものから、
よくわからないものまで
いろいろ並んでいます。
興味のあるものだけ撮りました。

撮影日:2014年8月26日(火)

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ ポチいただけるとうれしいです
携帯の方はこちらからよろしくお願いします→ http://localkantou.blogmura.com/kanagawa/

posted by ぽち at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 庚申塔・石塔・石仏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月23日

瀬谷区の石塔・石仏2(橋戸)

0826hasihi1.jpg

瀬谷区橋戸3−20−6。
瀬谷区橋戸の左馬社のそば、
往来の三角地にある石仏群。

0826hasihi2.jpg

向かって左から。
石祠、庚申塔、地神塔、道祖神の4基。

0826hasihi3.jpg

青面金剛刻像は右手上が剣、右手下が矢、
左手上が棒(棒に腕から蛇が巻き付いているように
見えるのですが、棒からヒモか幕を流してるのか?)、
左手下が弓で、中の手は破損してますが合掌(たぶん)。

元禄十年(1697年)と古い建立。
上部に梵字。
青面金剛が餓鬼をふみつけ、その下に三猿。

青面金剛の冠り物の先がやや傾いている造形が
個人的にはポイント高いです。

0826hasihi4.jpg

文字の地神塔。
明治四十三年(1910年)。

0826hasihi5.jpg

文字の道祖神。
地神塔と同じ明治四十四年四月建立。
向かって左側面には「橋戸講中」。

撮影日:2014年8月26日(火)

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ ポチいただけるとうれしいです
携帯の方はこちらからよろしくお願いします→ http://localkantou.blogmura.com/kanagawa/

posted by ぽち at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 庚申塔・石塔・石仏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月13日

泉区の石塔・石仏46(和泉町・庚申塔他)

sinmeikosin1.jpg

泉区和泉町3695、神明社の前で
蚕御霊神塔と並んでいる庚申塔です。

sinmeikosin2.jpg

右大山道、左藤沢道(たぶん)。

sinmeikosin3.jpg

萬延元年(1860年)建立。

sinmeikosin4.jpg

その隣り、庚申供養塔。

sinmeikosin5.jpg

sinmeikosin6.jpg

「文化丑寅天」とあります。
文化(1804〜1818年)の丑寅年、
1805・1806年(文化2・3年)か
1817・1818年(文化14・15年)を
さしているのか、よくわかりません。

sinmeihoka.jpg

お地蔵様(僧形)タイプの道祖神と
思しき2基、石祠もありました。

撮影日:2014年7月21日(月)

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ ポチいただけるとうれしいです
携帯の方はこちらからよろしくお願いします→ http://localkantou.blogmura.com/kanagawa/
posted by ぽち at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 庚申塔・石塔・石仏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

泉区の石塔・石仏45(和泉町・蚕御霊神塔)

sinmeikaiko2.jpg

泉区和泉町3695、神明社の前に並んでいます。
長後街道・泉区総合庁舎東側交差点の南角。

sinmeikaiko1.jpg

明治11年(1878年)に建立された
蚕御霊神塔。
この辺りは当時、養蚕・生糸業が盛んで
蚕霊塔は近隣にもあります。

sinmeikaiko3.jpg

sinmeikaiko6.jpg

sinmeikaiko4.jpg

向かって左側面、「大山道」の
文字の上に、手首から指の先までの
絵が線刻されています。

sinmeikaiko5.jpg

大山道の方向を指し示しているのでしょう。
(真言の印とかではないですよね?)
めずらしいですね。

撮影日:2014年7月21日(月)

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ ポチいただけるとうれしいです
携帯の方はこちらからよろしくお願いします→ http://localkantou.blogmura.com/kanagawa/
posted by ぽち at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 庚申塔・石塔・石仏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月10日

藤沢の石塔・石仏5:白旗神社の刻像塔(青面金剛)2

140502kosin7.jpg

六臂青面金剛刻像、足下に邪鬼。
三猿、日月。
右手・戟、矢(?)、胸前が剣。
左手・不明、弓、胸前が宝珠(と思われる)。
年不詳。

140502kosin8.jpg

六臂青面金剛刻像。
合掌、他手持物不明。
年不詳。

140502kosin9.jpg

四臂青面金剛刻像。
両側に僧(地蔵?)。
右手下・矢、左手下・弓、上下上側不明。
年不詳。

140502kosin10.jpg

青面金剛刻像。
右手・剣(?)、左手・数珠(羂索?)。
(他手が線刻であったかもしれないが不明)。
正面に聞か猿のみ。
年不詳。

140502kosin11.jpg

人間が正面を向いて座っているような猿刻像。
上部に梵字で釈迦如来と青面金剛が著わされていたらしい。
寛文五年・1665年のもので藤沢市重要文化財指定。

もう1基、地蔵型の刻像塔があったのですが写真を
撮り損ねたようです。
今度撮ったらこちらへ追記します。

他に文字塔もたくさんあります。

140502sangaku.jpg

御嶽山石碑。
御嶽大神、八海山大神、三笠山大神。
医薬の神様として信仰されてきた木曽の御嶽大神を祀り、
病気の苦しさを和らげるよう祈願したそうです。
昭和九年。

撮影:2014年5月2日(金)

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ ポチいただけるとうれしいです
携帯の方はこちらからよろしくお願いします→ http://localkantou.blogmura.com/kanagawa/
posted by ぽち at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 庚申塔・石塔・石仏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

藤沢の石塔・石仏4:白旗神社の刻像塔(地神・青面金剛)1

140502kosin1.jpg

藤沢の白旗神社境内にはたくさんの庚申塔など
石塔・石仏があります。
本堂への参道階段に向かって左手、山の斜面下に
集められています。
(そのため、石塔の裏側をのぞいて調べることができません)。

140502kosin2.jpg

目をひく刻像塔は地神塔です。
うちの近所、下和泉の交差点にもあるめずらしい
地神の姿が彫られたものです。(藤沢・西俣野方面に
あったお寺で配られた地神の姿のお札を模しているそうで
このあたりでしかほぼ見られない地神刻像塔)。
(天保三年・1832年)

下和泉の地神刻像塔過去記事:
http://tottokocubtaro.seesaa.net/article/139148235.html

140502kosin3.jpg

文字の庚申塔「庚申供養」。
三猿の刻像。
年不詳。

140502kosin4.jpg

六臂青面金剛刻像。
三猿、日月。
右手・剣、矢、左手・法輪、弓、合掌。
(天明二年・1782年)

140502kosin5.jpg

六臂青面金剛刻像。
右手・戟、矢、左手・法輪、弓、合掌。
正面が見猿、左右横向きで聞か猿・言わ猿。
享保十九年・1734年。

140502kosin6.jpg

文字と三猿。
「庚成就申待」。
年不詳。

撮影:2014年5月2日(金)

続きます。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ ポチいただけるとうれしいです
携帯の方はこちらからよろしくお願いします→ http://localkantou.blogmura.com/kanagawa/
posted by ぽち at 12:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 庚申塔・石塔・石仏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月01日

泉区の石塔・石仏44(和泉町)

20121001s1.jpg

和泉町2973に建つ石塔・石仏です。
和泉川沿い東側の道、修悠館高校(旧・和泉高校)の敷地、
いずみ中央寄りの端から鋭角に曲がり、山村歯科の前から
道沿いカーブしたのち左折(和泉団地が見える方向)。
民家の駐車スペース横にあります。

20121001s2.jpg

形が残っているものは向かって右端から、「青面金剛王」
(庚申塔)・「庚申塔」・庚申塔(青面金剛刻像)・
堅牢地神塔・たぶん道祖神の5基です。

20121001s3.jpg

「青面金剛王」台座に「庚講中」とある自然石型の庚申塔。
向かって正面左上部が欠け、建立年など元々彫られて
いないかのようにすら見えて詳細不明です。

20121001s4.jpg

「庚申塔」台座に「講中」。角柱型。
建立年:嘉永元年(1848年)。
向かって右側面に「嘉永元戌申年十二月吉日」、左側面に
「相州鎌倉郡和泉村」。

20121001s7.jpg

青面金剛刻像の庚申塔。崩れてきていますが舟型で
台座がついたタイプ。台座に三猿。
建立年等不明。

青面金剛の右手真ん中は合掌、左手下に弓を持ってます。
他は不明です。

20121001s8.jpg

「堅牢地神塔」。角柱型。建立年:天保十二年(1841年)。
向かって右側面「天保十二年丑二月吉日」、左側面に
「相州鎌倉郡和泉村」。

20121001s9.jpg

「神」しか読み取れない石塔です。
大きさのまま「○神」なのか、上部が崩落して何文字か
あったのか不明です。
近隣のものと較べると「道祖神」だったのではないかと…。
(あるいは「地神」も考えられますが…)。

持っている資料(コピー取った時に本の名前や著者を
書き留め忘れたので、今度また調べてきます)。
古い時期に書かれた本で、載っている所在地が
違っていたり、今では無くなってしまっていたり、
崩れてしまっていたりするものが多いのですが、興味深い
ことも多いのです。

今回の所在地に該当するデータが載っていなくて、建立年を
頼りに探したところ、中之宮左馬神社の境内にある石塔として
6基記載されているなかの2基が該当しました。

中之宮左馬神社(和泉町3253)は修悠館高校とみなみグランドの
対岸、御蔵橋を渡って道なり進んだところにあり、近所といえば
近所です。

以前訪れた中之宮左馬神社の石塔5基のうち、建立年がわかって
資料に該当するものは1基のみ(文久元年の庚申塔)。
(資料には弘治九年の道祖神について記載無し、天明三年建立の
鯖大明神の石塔、建立年不明の「木食観正」の碑なども記載無し)。

境内にある建立年がわからない庚申塔が当時は建立年を
読み取れたとしてもう1基。
残り4基のうち、2基が該当。あと2基の行方は…?
この和泉町2973に建立年不明の庚申塔が2基ありますよね。
それが該当するのかどうか…?

ちなみに資料に中之宮左馬神社(和泉町3253)にある庚申塔として
建立年が掲載されている不明のものは、「享保六巳年十一月」
「延宝五丁巳暦二月」「万延元年庚申年」です。

20121001s5.jpg20121001s6.jpg

和泉町2973に集められた石塔、後ろや横に崩れた部分か
数基ほかにもあったのか不明のものもありました。

撮影日:2012年10月1日(月)

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
ポチいただけるとうれしいです
posted by ぽち at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 庚申塔・石塔・石仏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。