2016年04月12日

遊行寺の桜は八重咲きのアーチ(藤沢市)

160410yugyoji1.jpg

藤沢の遊行寺。
正式名称は清浄光寺(時宗)。

黒門から参道に向かって。

160410yugyoji2.jpg

参道は八重咲きの桜のアーチになってます。

160410yugyoji3.jpg

八重咲きは重厚感がありますね。

160410yugyoji4.jpg

本堂と桜。
ちょこっと一遍上人が見えてます。

160410icho.jpg

境内の大銀杏。

撮影日:2016年4月10日(日)

 

posted by ぽち at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ史跡・神社仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月16日

大和上和田・左馬神社(和泉七サバ・5)

7saba5a.jpg

大和市上和田にある左馬神社。

中原街道(県道45号線)沿い、境川にかかる
新道大橋から桜ヶ丘方面への坂をのぼり、
すぐに左折。 少し先に巡礼街道の石標柱がある隣り。

7saba5b.jpg

ご祭神は源義朝。
中央と左右に天照大神、神武天皇、素盞男命。

お祭りは天王様(牛頭天王=素盞男命)や
須佐之男命を奉斉する八坂神社の神楽など
スサノオ系のようです。

7saba5c.jpg

宝暦十四年(1764年)三月、徳川九代将軍家重の代に
当村の名主渡辺兵左衛門・小川清右門が
この地に宮を建立したと伝えられる。

左馬頭義朝の霊を勧遷し、神社名は鯖大明神、
文化十三年(1816年)に左馬大明神、
慶応二年(1866年)に和田左馬大明神と変遷。
明治四十二年(1909年)に現在の左馬神社となり
村社に列せられる。

大和市上和田1168
参考:神奈川県神社庁

撮影日:2014年8月26日(火)
関連過去記事・和泉七サバまいり:
http://tottokocubtaro.seesaa.net/article/404493815.html

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ ポチいただけるとうれしいです
携帯の方はこちらからよろしくお願いします→ http://localkantou.blogmura.com/kanagawa/
posted by ぽち at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ史跡・神社仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

瀬谷橋戸・左馬社(和泉七サバ・4)

7saba4a.jpg


環状4号線、橋戸2丁目交差点近くから
西側の住宅街に入ってすぐのところにある
橋戸・左馬社です。

7saba4b.jpg

七サバ参りの7社は地域によって多少
異なりますが、どの地域の七サバでも
筆頭にあがるのがこちらです。

境内も広く、それなりの格を感じます。

7saba4c.jpg

境内にある梵鐘。

7saba4e.jpg

あまり由緒が見当たりませんので、
境内にある説明板をどうぞ。

7saba4d.jpg

ご祭神は左馬守源義朝。
拝殿の扁額はなぜか「左馬神社」となっています。

横浜市瀬谷区橋戸3ー20ー1
参考:神奈川県神社庁

撮影日:2014年8月26日(火)
関連過去記事・和泉七サバまいり:
http://tottokocubtaro.seesaa.net/article/404493815.html

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ ポチいただけるとうれしいです
携帯の方はこちらからよろしくお願いします→ http://localkantou.blogmura.com/kanagawa/
posted by ぽち at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ史跡・神社仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月28日

七サバ参り(泉区・瀬谷区・大和市のさば神社巡り)

140826aa.jpg140826bb.jpg

境川流域で、瀬谷区橋戸から泉区、大和市、藤沢市
西俣野や石川までの地域に点在する12社の「さば」神社。

12社中9社の祭神は源義朝(頼朝・義経の父)で、3社は
それよりもっとご先祖の源満仲、両名とも左馬守
(さまのかみ・さばのかみ)という役職であったことから
「さば」神社となったようです。

江戸時代中後期からこの地域の人々は疱瘡・疫病が
流行ると、病避け・厄除けとして、12社のうちの
7社を1日で回ってお参りしたと伝えられています。

7社の選択は大和・藤沢・和泉(横浜)で異なります。
今回、ぽち地域の和泉七サバでまわってみました。

写真はスタートにしたさば神社。
泉区・天王森のとなり、鍋屋(旧字名)の鯖神社です。

140826cc.jpg140826dd.jpg

そこから和泉川沿い遊歩道をいずみ中央に向かいます。
修悠館高校の川をはさんだ向かい側奥にある
中之宮左馬神社。
北側出入り口の道祖神をはじめ、石仏・石碑が多くあります。

140826ee.jpg140826ff.jpg

和泉川沿いへ戻り、いずみ中央の先、川沿い西側の道から
住宅地の小道を見ながら進むと、鳥居が見えるところ。
神田・佐婆神社があります。

相鉄線のガードが見え、その向こうには環状4号線。
現在は境内から環状4号線に出る道が出来ていますので
ここから瀬谷へ向かいました。

140826gg.jpg140826hh.jpg

環状4号線沿い、下瀬谷2丁目交差点先のファミレスと
メガネ店の手前を住宅地に入り、細い道なりを進み、
鎮守の森らしき木が茂ったところをめざします。

大和・藤沢・和泉それぞれの七サバでも、共通して
筆頭にあがるのがこちら、瀬谷橋戸の左馬神社です。
社殿も立派です。

140826ii.jpg140826jj.jpg

橋戸からは住宅地の中を道なりに南下し、
中原街道で桜ヶ丘方面に進みます。
境川にかかる新道大橋の先2つめを左折、
巡礼街道の石碑などがある近くに大和の
上和田・左馬神社があります。

鳥居の横にはたくさんの石仏・石碑が並んでいます。

140826kk.jpg140826ll.jpg

上和田左馬神社の鳥居正面を南下、宮久保の先を
左折して境川の橋を渡ると川沿い少し先で
泉区の柳明を通る鎌倉古道(上道)に出られます。

今は閉鎖した羽太郷土資料館の前を古道沿いに進めば
五軒庭プロムナード・せせらぎ緑道などを抜けて
いちょう団地の先にある上飯田の飯田神社に
つながります。

飯田神社は元は鯖神社と呼ばれていたと伝わっています。
こちらも鳥居前には「七観音」をはじめ、庚申塔など
たくさんの石仏があります。

140826mm.jpg140826nn.jpg

飯田神社からも鎌倉古道沿いにまっすぐ進みます。
長後街道もまたいで、下飯田へ。
本当の古道が境川側へ逸れる区間をまっすぐ行くと
道沿い東側にある下飯田の左馬神社。

二の鳥居からからも境内へ入れますが、こちらは
参道に2つ鳥居がある神社です。

和泉の七サバまいり、こちらでコンプリート致しました。
距離は(家から)21.1km、ジョギングしながらでしたので
ちょうどハーフマラソンを走ったことになります。
所要時間は約3時間半。

ひとつひとつの神社については(気が向けば)そのうち
UP致します。

撮影日:2014年8月26日(火)

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ ポチいただけるとうれしいです
携帯の方はこちらからよろしくお願いします→ http://localkantou.blogmura.com/kanagawa/
posted by ぽち at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ史跡・神社仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月21日

5年ぶりの龍口寺(藤沢市片瀬)

140629ryu1.jpg

6月末、5年ぶりに江ノ島近くにある龍口寺へ
行ってきました。 寂光山龍口寺(日蓮宗)。
ぽちが小学3年生の1年間、学校帰りに
よく寄り道して過ごしたなつかしいお寺です。

所在地は藤沢市片瀬ですが、ほとんど腰越。
龍口寺は日蓮聖人法難の地に建てられたお寺です。
(14世紀、日蓮聖人入滅後に直弟日法聖人が建立)。

140629ryu2.jpg

彫刻がイイ感じの山門。

140629ryu3.jpg

扁額の下には龍。

140629ryu4.jpg

本堂と奥に五重塔。

本堂でおまいり。
五重塔へは斜面の階段をのぼります。

140629ryu5.jpg

階段から見上げました。

140629ryu6.jpg

明治末期に建立された神奈川唯一の本式木造五重塔です。
敷地が狭く、全体が上手く撮れません。

140629ryu7.jpg

日蓮聖人が死刑執行まで入れられた土牢。
中には日蓮像がおかれています。

140629ryu8.jpg

道路から見えるところにある日蓮聖人法難の地。
ここに刑場があったと伝えられています。

鎌倉時代、日蓮は幕府に疎まれて処刑されることになり、
当時の刑場だったここ龍の口へ連れてこられますが、
斬首される寸前に処刑人の刀に落雷(江ノ島から
光の玉が飛んできて目がくらんだとも)、死刑を免れます。

140629ryu9.jpg

法難の地の向かって左にある龍口明神社(跡)。

龍口寺(龍口明神社)のある山の縁起は、神武天皇より
前の時代(龍口明神社のご祭神、玉依姫命は神武天皇の母)、
五頭龍と弁天様の伝説に基づきます。

鎌倉市深沢の湖(今は無い)に棲み、悪さしてた五頭龍が、
江ノ島に降り立った弁天様に恋をして、弁天様とこの土地を
見守ると約束し(夫婦になったという説も有り)、
口を江ノ島に向け(龍ノ口)山と化したという伝説。

その五頭龍を祀ったのが境内端にある龍口明神社です。
現在は鎌倉市津村に遷宮済み。

撮影日:2014年6月29日(日)
往復でハーフマラソン距離のジョギングでの折返しに
立ち寄りました。

龍口寺の境内は広く、他にもたくさんの建物などがあります。
詳細な過去記事:
http://tottokocubtaro.seesaa.net/article/116968959.html
http://tottokocubtaro.seesaa.net/article/116972836.html

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ ポチいただけるとうれしいです
携帯の方はこちらからよろしくお願いします→ http://localkantou.blogmura.com/kanagawa/

posted by ぽち at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ史跡・神社仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月03日

白旗神社は鯉のぼりでいっぱい(藤沢市)

sirahata1.jpg

藤沢市にある白旗神社。
この時期は鯉のぼりがいっぱいです。

sirahata2.jpg

あまり広い境内ではありませんが、鯉のぼりが
悠々揺れています。

sirahata3.jpg

お節句の写真ステージが設えてあり、バックは
源義経と弁慶の美麗武者絵。

sirahata4.jpg

本殿の前には弁慶の力石というのがあります。
病気平癒や健康長寿の霊力があるそうです。

腰越の満福寺には弁慶が腰掛けたエピソードがある
腰掛石がありますけど、この力石は弁慶が
軽々持ち上げたとかそういうのではありません〜。

sirahata5.jpg

ひっそりと静かに、それでいて存在感のあるご本殿。
こちら、祭神は八方除けの守護神でもある寒川比古命で
義経の首が流れ着く(飛んできたという話も)以前は
寒川神社とよばれていた、創建年不明の神社です。
祭神に義経が加わり、頼朝によって白旗の名に変わりました。

配神は天照皇大神、大国主命、大山祇命、国狭槌命、日本武尊。

sirahata6.jpg

ちょうど藤の花が満開の季節。
こちらは弁慶藤です。
社務所の前に白い藤があり、そちらは義経藤だそうです。

本殿下に庚申塔など石塔石仏がたくさんあります。
青面金剛刻像塔だけ写真撮ってきました。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ ポチいただけるとうれしいです
携帯の方はこちらからよろしくお願いします→ http://localkantou.blogmura.com/kanagawa/

ジョギングで立ち寄ったので、写真が大雑把になりました。
以前ほど、細かく色々調べる興味が無くなってるから
まあ、こんなものでしょう。



posted by ぽち at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ史跡・神社仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月15日

八重桜見て遊行寺におまいり(藤沢市)

140414a.jpg

藤沢市にある時宗総本山・藤澤山清浄光寺、
通称「遊行寺」へ行ってきました。
八重桜の写真を見て、そういえばココ綺麗だったと
思い出して、久しぶりのおまいりです。

140414b.jpg

黒門をくぐると八重桜のアーチです。
上見て歩いて、石畳の段差につまずきました。
以前もつまずいた覚えが…

140414c.jpg

遊行寺まで境川沿いをジョギングしてきたのですが
(片道約7km)、境内ではウォークマンは切ります。

140414d.jpg

カブ太郎で訪れる時はこの桜がある側から入ってました。
駐車場・駐輪場があるほうです(県道30号線沿い・遊行寺坂)。
桜がきれいなので、傾いた標識とかないほうがよさそう…

140414f.jpg

時宗をおこした一遍上人にごあいさつ。

140414e.jpg

本堂です。
中には入れません。
扉をあけると遠くに見える阿弥陀如来像。
なむあみだぶつ… と、おまいり。

140414g.jpg

奥にある宇賀神さまにもおまいり。
こちらでは御利益があるという財福を祈願しました(^^;)
途中にある放生池では枝垂れ桜も見られます。

久しぶりの遊行寺。
いつ訪れても気持ちのいい境内です。
ぽち的には鎌倉の光明寺の次に身体がふわぁぁ〜んとなる境内です。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ ポチいただけるとうれしいです
携帯の方はこちらからよろしくお願いします→ http://localkantou.blogmura.com/kanagawa/

posted by ぽち at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ史跡・神社仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月24日

熱田神宮

1nisimon.jpg

2週間前、名古屋で開催されたマラソンに参加して
帰りの日に熱田神宮へおまいりしてきました。

地下鉄・神宮西駅で降りたので西門から境内へ。

2nitori.jpg

こちらは二の鳥居。
正門(南門)からまっすぐ本宮に向かう参道に
交差した左側にありました。

3santori.jpg

三の鳥居。
向こうに拝殿が見えてきました。

4haiden.jpg

本宮(拝殿)です。
ご祭神は熱田大神で三種の神器(草薙御劔)奉祭のお社。
伊勢神宮とほぼ同じ神明造りです。

二拝二拍手一拝。

5setumei.jpg
(熱田神宮の説明・クリックで拡大)

本宮を囲むように「こころの小径」という道があります。
通行時間が決められていて、ちょっとフライングでしたけど通れました。

7kokosetu.jpg
(こころの小径説明・クリックで拡大)

8tizu.jpg

こころの小径沿いには行きたい場所がたくさんありました。

9itino.jpg

まず、一之御前神社。
伊勢神宮には天照大神の和魂がまつられており、
こちらに荒魂がまつられています。
近年まで一般公開されていなかったそうです。
公開されたといってもこれ以上は見られませんが。

10simi.jpg

お清水さま。
ご祭神は罔象女神(みつはのめのかみ)。
湧水の中にぽつんと立つ石にひしゃくで水をすくって
3回かけると(かけ飛ばす感じ)、願いが叶うと言われています。
パワースポットとして注目されてるそうです。

しっかり3回かけて願い事してきました。

11doyo.jpg

土用殿。
明治26年まで草薙御劔が奉安されていました。

12oteue.jpg

参道にもどって。
二の鳥居そばに立っている弘法大師お手植えの大楠。

13inu.jpg

おみやげに「勝守」と初宮の鈴を買いました。
初宮は関係ありませんが、犬が可愛かったので。

西門の近くにある休憩所よこ、宮きしめんのお店で
宮きしめんをいただき、休憩所でもおみやげ購入。

帰ろうとしたところ、小雪がちらちら舞ってきました。
大きくそびえる木々の合間をちらちら舞ってくる雪は
幻想的で、とてもいいものを見た気持ちになりました。

今まで天照大神が主祭神の神社に行くと頭痛がしたり
体調悪くなったり、猛烈にイライラしたりしてました。
伊勢神宮が最たるもので、2度と行きたくないと言ってたのですが
(別宮の瀧神社はきーんと緊張を強いられましたけど清々しかった)、
感性鋭い人からは「そのくらい激しかったら何度かおまいりすると
強い守りがもらえると思う」と言われて以来、伊勢神宮に再度
訪れたいとも思ってます。

でもやはり、この系統の神社で頭痛がすることが多いので、
こちらに来る際も覚悟してました。
マラソンで弱った身体にどれだけダメージくるのかなーと。
それが、熱田神宮ではこの系統で感じたことの無い包み込まれる
感じがありました。 そこそこ厳かな緊張感と。

とても心地よいところでした。

自然災害などをおこす荒魂のほうが相性いいってことか…?

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ ポチいただけるとうれしいです
携帯の方はこちらからよろしくお願いします→ http://housewife.blogmura.com/shufu_around50/
 
posted by ぽち at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ史跡・神社仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月22日

称名寺の黄花菖蒲(金沢区)

shomyoji1.jpg

金沢文庫の近くにある称名寺。
2週間近く前に行ってきました。

shomyoji2.jpg

当ブログではめずらしく、お寺の由緒説明ナシです。
説明板も読んでこなかったんで。
金沢文庫を作った北条実時関連なんでしょうけど。

shomyoji3.jpg

お花を見ることと犬を遊ばせるために訪れたのでした。
景色いい〜。

shomyoji4.jpg

黄花菖蒲が満開。
そこら中で大きなカメさんがいっぱい甲羅干ししてました。

shomyoji5.jpg

菖蒲は青より黄色のほうがまわりを明るくしますね。

shomyoji6.jpg

参道の胡桃蕎麦も食べられて満足!
でも犬ナシでゆっくりお寺を味わいにまた訪れたいです。
真言律宗のお寺ってめずらしいし。
極楽寺くらいしか知りません。

四季折々楽しめそうな称名寺でした。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ ポチいただけるとうれしいです
携帯の方はこちらからよろしくお願いします→ http://localkantou.blogmura.com/kanagawa/

posted by ぽち at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ史跡・神社仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月22日

神社に行きたい

kasuga2.jpg

今月に入ったあたりから神社に行きたくなってました。
しかし暑さでわざわざ出かける気にはなれず。
いつも走っている俣野公園で隣接する春日神社を見ては
神社は夜おまいりしちゃだめだよね〜と。
「朝ランできたらおまいりしよう」と思ったものの朝ラン出来ず。
が、ようやく朝ランできたのでおまいりしました。

奈良の春日大社から分祀してるので祭神は武甕槌命ほか。
武甕槌命は勝負事の御利益がのぞめます。
でも願い事するんじゃなくて、(朝の)挨拶がしたいだけでした。
おとなりでいつもお世話になってるご挨拶も。

神社公式HP:http://www.k-jinja.jp/seinenkai/mapmenu/yokominami/yuuryoupage/sousyuu/sousyuu.html

kasuga.jpg

鳥居の横で大輪の朝顔がきれいに咲いてました。

神社に行くと頭痛がしたり不快感が猛烈にこみあげてきたりと
行かない方がいいかなと思うことが多いぽち。
春日神社はパワースポット的なものを感じないせいか、そういう
いやな思いをしたこともありません。むしろ、シカに癒される場所。
現在の地元の神社というとここなのか、鯖神社なのかわからないけど
今は毎日となりでお世話になってるから、歴史の浅い神社でも
大事にして挨拶をマメにしようかと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
ポチいただけるとうれしいです
posted by ぽち at 20:14| Comment(2) | TrackBack(0) | おでかけ史跡・神社仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。