2008年06月07日

怖いエンディング(零ネタバレ注意)

「生きてる人間が1番怖い」ってテーマですか…たらーっ(汗)

難易度に応じて2種類のエンディングがある「零・紅い蝶」。
ノーマル(&イージー)には無いハードモードでのラストバトルと
エンディングを見ました。

むちゃくちゃ怖かった…がく〜(落胆した顔)
それもね、霊モバQだとか突然ドキッとさせられる怖さではありません。

人間の独占欲、エゴといった部分の怖さです。
美少女主人公のホラーゲームでそんな人間の心理が描かれてるなんて。
しかもプレイヤーをちゃんとゾクッとさせられるなんてスゴイ。

1作目は瘴気をおさえるための儀式で(ある種の)人柱にされる
女の子にとらわれた兄を救出しようとする妹の話。
エンディングは無事救出する(が、兄は女の子が心残り)と、
兄が女の子のそばにいてあげることを選び妹が1人で助かるの2種。
それなりにせつなく、バッドなエンディングもロマンティックでした。

2作目のこの紅い蝶では。
瘴気をおさえるために行われる双子が片割れを殺す儀式を
主人公姉妹がするはめになり、主人公(双子の妹)が呵責の念からおかしくなる
それまでの生き残り同様になり、呆けたように1人で湖をみつめている
ノーマル・エンディング。

別に、1人で逃げるという選択肢もあって、これはスタート地点で
1人ぼっちになっているバッド・エンディングがあります。
このパターンでは逃げる途中にどうも怨霊においつかれているようでもあって
主人公は1人でいる夢を見ているだけで逃げ切れていないのではとも思えるんですが。
どちらにしてもシンプルな意味のバッド・エンディングです。

で、このバッド・エンディングがあることから、ハードモードでは
(闇に閉ざされた村がどうなろうと)2人無事に逃げられるハッピー・
エンディングではないかと思ってプレイしていたのですが。

ノーマルでのラスボスとの戦闘後、双子の姉にとりついた怨霊との戦いに。
その戦闘中、姉が(妹のせいで足が少し不自由になった事故は)
妹を自分のそばにしばりつけたくてわざと起こしたものだと告白します。
ええっexclamation&question怨霊よりタチ悪いじゃんと思いつつ、その事故の場所は
怨霊の無念の地でもあるのでそういう念が引き起こしたのかもと
この段階ではまだお姉ちゃんをかばった見方してました。

撃破すると怨霊とともに姉も瘴気の穴へ落ちそうになり、
主人公が助けます。
しかし瘴気の穴の底を見てしまって言い伝え通り盲目に。

エンドロールでは湖に向かう2人。
目の包帯が痛々しい妹に甲斐甲斐しく世話する姉の意味有り気な
笑み、こうなったらもう私から離れられないよねとばかりの
「ずっと一緒だよね」。
このセリフはゲーム中ずっと2組の双子によって繰り返されてきたものですが、
ここではラストバトル中の姉の身勝手な思いがそのままに出たものになります。
姉が望んだ排他的共依存の関係。

生贄にされるとわかっている中で言い伝えどおりに、あるいは
「どんなことになっても」ずっと一緒でいようという双子の約束に
こだわった怨霊よりも、ただただ勝手な独占欲と実行力は
現実にこういうことしそうな人間ていそうで怖いと思わせるものでした。

うーん。
やりきれないというか、もっと明るいエンディングはないんですかと言いたいところ。
それと同時に、このハードモード・エンディングの怖さをゲームの世界で
表現できたメーカーさんに敬意を表します。

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキングにご協力のポチいただければ幸いです
posted by ぽち at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 他の趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

怖さの演出(PS2ゲーム零ZERO・紅い蝶)

onryo2.jpgonryo3.jpg

廃屋と化した明治〜昭和初期の建物や村の中に閉じ込められ、
兄姉を探して共に脱出するために謎を解く。
以前も書きましたPS2ゲーム「零」(3D)の世界です。

16歳前後のアニメ風美少女が闇に覆われた中を懐中電灯と
霊を封印するカメラだけ持って歩き回る、そのシチュエーションだけで
十分怖いんですけどね。
邦画「呪怨2」の酒井法子演ずる主人公が霊がいるとわかってる場所で
1人でいられるのに妙に感心したのと似た感じを受けます。
私には出来ない。

懐中電灯のあかり、誰がつけたのかが気になる行灯や灯篭のあかり、
冷たい月の光が照らす廃屋や庭、墓地…
木造の家には踏むと音がする板間、傷んだ畳、湿気でめくれた襖紙、
時折天井から落ちてくる木片、破れた障子に暖簾…
和風情緒溢れる丸窓や床の間に長持や柳行季、古めかしい家具や骨董品、和人形。

扉を開けて新しい領域に踏み込むと、そこには封印されるのを
待つかの如くぼおっと佇む地縛霊。
押入れの扉の隙間や衣桁にかけられた着物の陰からあらわれる
徘徊する浮遊霊。
モンスターのように襲ってくる怨霊。

ゲームとしては霊リスト(RPGなどのモンスター図鑑みたいなもの)を
コンプリートするため、何よりゲームオーバーにならないために
必死で写真に撮りまくりますが、突然「キャハハッ」と主人公のすぐ脇を
かけぬける子供の霊や、吹き抜けの上から悲鳴とともに落ちてくる身投げした
女性の霊などにはソファから飛び上がりそうになるほど驚かされます。
ホラーの醍醐味です。

ホラーの醍醐味といえば、このシリーズでとても好きな点。
通り過ぎた後や、まだ離れている状態で、闇の中からころころっと
毬が転がってきたり、箪笥の上の人形の首がぽろりと落ちたり、
卓の杯がことことっと揺れたりといった演出がもたらす恐怖感が
たまらないのです。
映画でもこういうの怖くて好きですが、3Dのバーチャルな中では
本当に縮み上がってしまいます。

ただ、映画でも監督の腕の差で怖さがかなり変わるように、このゲームでも
1作目と2作目で(上に書いたモチーフは両作共通なのに)怖さがかなり違います。
原因は微妙な演出やゲームバランスの差だと思うのですが、ぽちには
具体的に見つけることが出来ません。
何だろう…

1作目は闇に緊迫感があるというか、しんしんとした怖さがありました。
かといって2作目(紅い蝶)でそれがないかというとそうでもありません。
1作目の縁の下から這い出てくるキモノを着た女の子の霊に匹敵する霊がいない。
(画像の押入れから出てくる女の子はイベントボスなので比較にならない)。
でも2作目の鬼ごっこやかくれんぼをする子供の霊は1作目より多いし、
思い当たりそうなものはやっぱり甲乙つけがたい。
怖さの違い、演出の違いってどこなのかな。気になります。

ややバレですが(古いゲームだから関係ないと思うけど)。
1作目の主人公は2作目「紅い蝶」の村の唯一の生き残り(女性)のひ孫。
どうも3作目「刺青の声」では、その生き残りの実家の姓を持つ
女の子が出てくるようなので、シリーズ通して血縁&因縁のある
物語のようです。
なんだか3作目での怖さがどんなものか気になって、プレイしたくなってます。

といっても、2作目に手を出したのは1作目オールクリアから
1年以上ぶりなのでどうなることか。
現在、イージーモードをクリアしてノーマルモードのクリア直前。
このあとハードモードで別の種類のエンディングを見なくては終れません。
ハードモードの後はナイトメアモードがあり、他にミッションゲームも
あと20種くらい残っています。
霊リストは達成率80%程度で、ハードモードで100%を目指しますが、
たぶん98%どまりになってしまうかとたらーっ(汗)
絶対撮れそうにないのが2箇所あるんだーどんっ(衝撃)
(高い橋を歩いてすぐに消える女と、同じ場所ですぐにいなくなる姉の2枚)。

公式ホームページ
零-ZERO http://www.tecmo.co.jp/product/zero/index2.htm
零-紅い蝶 http://www.tecmo.co.jp/product/zero2/

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキングにご協力のポチいただければ幸いです


posted by ぽち at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 他の趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

なつかしいガンプラ

キュベレイ

どれもえらく昔に作ったプラモの画像なんですが、よそさまのブログ記事に触発されて
ひっぱりだしました。
(ちなみにヒロカツさんのブログ、5月12日の記事)。

↓ZガンダムやZZガンダムに出てくる敵、ハマーン・カーンという女性が乗る
モビルスーツです。
ファンネルという、ニュータイプ能力を駆使して飛ばすビットがすごくてカッコイイの。
ぽちがガンダムシリーズの中で「怖い!」と思えたモビルスーツです。

家族がハマーン好きなせいか、キュベレイがマイナーとは思ってなかったのですが、
たしかにあまりメジャーではないですね。

Zガンダム、銃が下向いちゃってる〜!

ぽちはたぶんリアルアムロ(ってヘンな言い方だけど、初代ガンダムの
リアルタイム放送時のアムロ)と同い年。
そのせいかガンダムシリーズを語る時、どうしてもファーストに
思い入れしてしまいます。

ですが、Zガンダムだけは、特にZに出てきたモビルスーツには
ものすごーく好きなものがたくさんあります。
なんといってもZガンダムのルックスが好き揺れるハート

サイコガンダムサイコガンダムマーク2

昔はこのサイコガンダム(&サイコマーク2)のような重たいイメージのものも
好きでした。
変形したモビルアーマーの方は特に。
…そういえばモビルアーマーってどっしりして、なんか可愛いのが多いような。

メッサーラ

アニメ中でも結構惹かれるモビルスーツだったメッサーラ。
機体の紫色と俊敏な変形が魅力です。
登場時に乗っていたのはシロッコというイケ好かないヤツでした。

でもこのメッサーラの魅力にとりつかれたたらーっ(汗)のは、ガンプラから。
カタチとかではなく、作る楽しみが凝縮されたモビルスーツなんですよ〜。
ちなみに、次点で作る楽しさイッパイのモビルスーツは、ZZに出てきた
R-ジャジャ。
メッサーラもR-ジャジャも、たぶん、いや本当にマイナーな存在だと思いますが。

エルメス

こちらはおまけ。
エルメスという名前がマズイということで今の呼び名は違うはずですが
覚えていないのでエルメスと呼びます。
ファーストでララァが乗っていたモビルアーマーです。

このエルメスのカタチはガンダムやアニメといったものを超えて、
ぽち超お気に入りのオブジェの域。
色も曲線も可愛さも言うことなし揺れるハート

テグスでつながれたビットはちょっとかっこ悪い…ですねあせあせ(飛び散る汗)
(おまけでついてるゲルググはもっとかっこ悪かったり)。

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキングにご協力のポチいただければ幸いです
posted by ぽち at 21:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 他の趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

ホラーな村を探検中(ゲーム)

PS2のホラー系アドベンチャーゲーム「零・紅い蝶」をプレイしはじめました。
これは「零ZERO」の2作目。

主人公の女の子が「射影機」というカメラで、向かい来る霊を撮影することで
写真に封印(退治)しながら謎を解くというゲームシリーズです。
この射影機が唯一の武器になるわけです。

謎の核心はあの世とこの世の境目を守る秘密の儀式(民俗学調)と
それをめぐる人々…
1作目はそれに関係して行方不明になった兄を探しました。
今回は主人公が、過去の儀式の失敗で一夜にして忽然と姿を消した村に
迷い込んで出られなくなってます。

久々のゲームでメモリーカードをチェックしたら、前作をプレイしたのは
1年2ヶ月前でした。
すでに3作目まで出ているゲームなんですがたらーっ(汗)(次回作をプレイするのは
また1年以上先になるんだろうか)。

このシリーズのミソは退治したり目撃した霊の写真。
コレクション的にアルバムにオールコンプリートさせるのも
ゲームの楽しみ方です。
私のゲームバイブルともいえる「SIREN」に比べれば幽霊退治も
それほど難しいゲームではありません。
が、心霊写真集コンプリートは結構むずかしいんですね。
反射神経と根気…。

霊が現れる時のコントローラーの振動にビクビクして、夜中にプレイする時の
こちらにまで闇が迫ってくるような感覚にビビリながら、根気よくプレイしま〜す。

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキングにご協力のポチいただければ幸いです
posted by ぽち at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 他の趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

GW中に作ったプラモ

プラモ

1日からGW中に4体のプラモを作りました。
前に書いたように塗装はしていません。
塗装をしないということは、やすりかけも塗装の為の仮組みも
下地処理もしていないということで、本当にラクチンに楽しめます。
でも出来上がりに接ぎ目が見えたり削りあとが残ったりするので
妥協も必要になりますたらーっ(汗)

著作権に厳しい会社らしいので、ガンプラを載せている人をまねて
画像にもや(?)を入れました。
向かって左から、ボール、ビルバイン、シャアザク、ダンバインです。
ボールはMG、シャアザクはHG。

ビルバインとダンバインは10年くらい前に買ったもので、
プラスチック成型に古さを感じます。
それに比べて去年買ったMGのボール。
なんて組みやすいんだ〜るんるんと感動しながら作りました。

でもでも、ビルバインの左手のオーラソードを見て〜。
ぽちの努力(?)と血の結晶どんっ(衝撃)

ビルバインは右手首が2種類、左手首は1種類あって、オーラライフルも
ソードも右手で持つようになってました。
箱絵は右手にライフル、左手にソード。
これがカッコよくてビルバインらしい雰囲気もあるから、それにしたいと思って、
左手首でソードを持たせられるように穴をあけることに。
デザインナイフでぐりぐりとプラスチックの握りこぶしの上下に
穴を彫ってソードをさしました。
少々、その途中にやっちゃいましてがく〜(落胆した顔)、このGWでもう1体作る予定だったのに
断念となりました。

押入れの残りプラモは4個。
大物が2個あるのでそれはまたぼちぼち作ろうかと…。

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキングにご協力のポチいただければ幸いです
posted by ぽち at 21:10| Comment(6) | TrackBack(0) | 他の趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

幻想的な水晶の世界

「異世界」というキーワードに激しく自分の好みを再確認したぽちです。
ファンタジックとか幻想的とか、そういう漠然としたイメージよりも
直接的に違う世界にいざなわれ入り込んでしまうような感覚に、
言い知れぬ魅力を感じます。

そのひとつ、パワーストーン(ヒーリングストーン)に興味を持ったのが
きっかけで知った石の世界。

水晶の原石(クラスター)も氷の鉱山(?)という感じで好きですが、
特にひかれるクリスタルポイント(六角柱)の3種類をUPします。

ファントム水晶

水晶の六角柱の中に浮かぶ「山」(二つ連なるように見える)。
夢の無いことを言えば、水晶が出来る時の内部に不純物(水や空気その他)が
入り込んでできたものです。
ですが、こういう半透明で描かれるものが入り込んだ水晶は「ファントム水晶」と
呼ばれています。オバケとか幽霊みたいなものが見えるってところで。

柄によって見えるものは様々ですが、この山のようにどこかの世界が見えるような
感じのするものが好みですねぇ。

ガーデン水晶

石の写真って撮るのがむずかしい…ボケててわかりにくいですね。
水晶の六角柱の中に見えるのは、クリスマスツリーになりそうな樅の木か松の木、
もう片方は紫がかった木とも石とも見えるもの。
こういう木や石(岩)に見えるものが入っている水晶は「ガーデン水晶」と呼ばれています。

見るからに水晶の中にお庭や何か違う世界が姿をあらわしているようです。
ファントムもガーデンも、ふっとその中に入り込んでしまいそうでひかれます。

アメジストポイント

これは普通のアメジストポイント。
しかも不純物が多いものですが、この不純物がプリズムを生むので
じぃっと見つめているとやっぱり不思議な世界に連れて行かれるようなトリップ感を
もたらしてくれる石です。

パワーストーンマニアな方の中には、「石の中を散策」するとか「石の中でお昼寝」
といったかなりの旅行者(アチラの世界の)がいますが、スピリチュアル同様に
ぽちはそこまでトリップできませんがたらーっ(汗)

ジオラマに心が埋没するような感覚だけど、目に見える部分がわずかだから
空想で広がる世界は人それぞれというようなものに異世界の扉を感じるのかもしれません。

ジオラマだと、イギリスのリリパット・レーンがぽち的ミニチュア世界最高のお気に入り。
今度紹介したい。

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキングにご協力のポチいただければ幸いです

posted by ぽち at 17:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 他の趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

シムアース(ゲーム)

simearth.JPG

年末にヤフオクで300円で購入したSFCソフト「シムアース」。
ステージごとに地球(や、それに似た星)を作り上げていくゲームです。
ようやくエンディングにこぎつけました。バンザ〜イiモード

シムシティは知っている人も多いと思いますが、この「シムアース」と
「シムアント」は当時の発売後、それっきりになってしまったゲームです。
「シムシティ」が好きだったのでそのノリで発売された時に「シムアース」を購入。
(「シムアント」はアリの巣を作るゲームで興味はあったけど、虫が苦手なのでパス)。
しかし最初のステージがクリアできずに早々に売り飛ばし、トラウマゲームとなってました。

ふと思い立って猛烈にプレイしたくなり中古を買ったわけです。
今あらためてプレイしてみると、17年も前に地球温暖化を問題視していた内容に
驚きつつ、どうして移植されなかったのか不思議になります。

当時すぐにあきらめてしまったのは、SFCゲーム真っ盛りのRPG百花繚乱時代、
やりたいゲームが多すぎたから…
最近は昔のゲームをひっぱりだしてのリプレイばかりなので急ぐこともなく
落ち着いてプレイできました。

しかし、ハード(SFC)の動きがそろそろあやしい。
ソフトもバッテリーバックアップが切れやしないかとビクビクしながらのプレイ。
もうPS2ソフトのリプレイくらいになってしまうのかな。
いやいや、いっそ電力を使わないゲームに集中するべきか(囲碁)。

…あー、早く花粉が落ち着いて欲しい〜もうやだ〜(悲しい顔)
坐禅もお経を読む(三十三観音)のも今の状態ではムリ。

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキングにご協力のポチいただければ幸いです
posted by ぽち at 17:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 他の趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

6日目に6つの音が(篠笛)

6日目にして6つの音が出せるようになりましたわーい(嬉しい顔)
ラから下がってドまで。

篠笛の穴は右の小指をのぞいた6つの穴をおさえることになります。
6つともおさえて出す「ド」は、まだなんとか音になってるようなという
程度なのですけど…

それでも低いほうから高いほうへ急にかえると、出しやすいはずの「ら」も
出ない時があったりします。
ムキになると酸素が足りなくなるしたらーっ(汗)

囲碁やガンプラとか、本業の和裁とか、初心者のときの日々の上達ぶりって
あとから思い出しても楽しいもの。
がんばろうっと。

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキングにご協力のポチいただければ幸いです
posted by ぽち at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 他の趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

3つだけ音が出るように(篠笛)

音が出せなかった篠笛。
少し出せるようになりました。

篠笛は音階に合わせてそれぞれ作られています。
G調なら三本調子、B♭なら六本調子、C調なら八本調子と
別々の笛を主な曲調や用途(祭囃子、長唄など)で使い分けます。
あいている穴の数も6個のものと7個のものがあります。
私のプラスチック篠笛はC調(八本調子)、ドレミの西洋音階で
穴が7個と、ソプラノリコーダーの表側と同じです。

初心者向けの本にそって姿勢、息の吹き方などをなんとかマネして
最初は出なかった音が2日目たらーっ(汗)に出るようになりました。
本では音が出るようになったら、1番簡単な音から順に出しにくい音へと
音域を広げながら練習曲を吹くようにかかれています。

ぽち篠笛3日間の歩み。
1日目・音が出ず。
2日目・「一音を吹く」の1番簡単な「六」(ラ)の音だけ出ました。
3日目・「三音」出るようになりました!
「六」(ラ)、「五」(ソ)、「四」(ファ)です。

3つ出ると練習曲に「たこたこあがれ」や「かえるが鳴くからかえろ」が
出てきます。
もちろん曲全部ではなくラからファまでのここの部分だけ。
でも曲になっててなんかうれしいるんるん

疲れてくると音が出づらくなってひとやすみ。
これを繰り返してたら少しずつ音もしっかりしてきてるような。

リコーダーを吹いてる時は犬がオスワリして聴衆になってくれてますが、
篠笛は騒音?のようでどこかへ行ってしまいますもうやだ〜(悲しい顔)
早く聴いてもらえるようになりたいわ(犬にexclamation&question

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキングにご協力のポチいただければ幸いです

posted by ぽち at 15:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 他の趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

ジョジョの奇妙な百人一首(コミック・グッズ)

タイトルのものを見つけて少々物欲が頭をもたげてます。

ジョジョの奇妙な冒険の名(迷?)セリフ百選で作られた
百人一首、予約限定販売商品だそうです。

心に残るセリフや、別の意味で妙に心に残る(ある種笑える)
セリフ満載のこのマンガ、どのセリフが100にランクイン
しているのか気になって欲しくなってます。

マジメなところで「俺はお前に出逢うために1万数千年も
さまよってたのかも知れぬ」が入ってたらいいなぁ。
でもイラスト入ってたら泣けてくるかもしれない…
(第2部・ワムウの最期のセリフ)

お約束の「オラオラオラ」とか「無駄無駄無駄」だったら
読み手になりたくないあせあせ(飛び散る汗)とか思ってしまいますが。


「ジョジョの奇妙な冒険」…
少年ジャンプで連載されていた(今もやってると聞いたけど)
コミックです。

ぽちがこのマンガに出会ったのは17年くらい前の第3部が
始まってすぐの頃。
気に入ってコミックスを1巻から買い揃えました。
(コミックスは第3部完でやめてしまい、連載も第4部の
途中で読まなくなったのが、最近レンタルコミックで
第4部〜第6部まで読破)。

好みなのは第1部と第3部。
ちなみに、雲のジュウザ(北斗の拳)には憧れないけど、
ホル・ホースの生き方にはちょっと憧れます。
(当時、ホル・ホースの生き方いいなぁと言うと、
「雲のジュウザ好きだろ?」とか言われました。
私には同種に見えないんだけど)。


この百人一首を知ってから第1部〜第3部を読み返したくなっちゃった。
持っていたコミックスは全て売り飛ばして、手元に残ってるのは
ブラックジャックと少女マンガ少々。
売った本をお金を出して読み返すのはちょっとねぇと思うので我慢我慢。
しかし、商品は予約したくなってしまいます(ちょっと高い!)。

商品ページ↓
http://tamashiishop.jp/SHOP/J-01.html

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキングにご協力のポチいただければ幸いです
posted by ぽち at 22:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 他の趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。