2011年02月06日

断捨離・懐かしのレコード盤処分

police.JPG

しなくては〜と気になりつつ手をつけていなかったレコード盤の処分。
やっとやりました〜。

捨てるぞ!って意気込んで押入れから出したものの、やっぱり
迷う心が出てきちゃいましたが、断捨離です〜。

自分では覚えてなかったけど、実家から引き取って押入れにしまった
段階で1度断捨離してた模様。思ってたより少なかったけど、
そこはそれ、以前に処分できなかったものばかり。

THE POLICEとSTINGのアルバム10枚あった。思い切りました!
…スティングかっこいいなぁ。

kiss.JPG

KISSのアルバム、もっとあったはずなのに、どうやら以前処分したく
なかった3枚のようです。好きな曲が入ってるのだけ残してたっぽい。
ジーン・シモンズもエースもいいわぁ。

roosterz.JPG

CDになってないと思うので今回も処分を悩んだルースターズ計7枚。
「CMC」と「轟沈魚雷」の曲、音楽ファイルで欲しい。

そういえば「ひみつのケンミンショー」の転勤夫婦の久留米編で
シーナ&ロケッツとともに久留米出身のバンドとしてルースターズの
名前があがってビックリしました。20年前ならともかく、今聞いて
知ってる人がどのくらいいるのかなって…。
ロックバンドでぽちがライブハウスへ見に行った回数が1番多いの、
ルースターズです。

idol.JPG

あはは…ふらふら 
認めたくないものだな、自分自身の若さ故の過ちというものをたらーっ(汗)

アイドルものも思い切りましたよ!柏原芳恵チャンとかのも。
左上はチェッカーズのデビューアルバム。ほかは…シブがき隊。

はずかしいですけど…えぇえぇ、シブがきにはZOKKON命(LOVE)でしたよ。
まさか年を取っても日本映画の主役はれる俳優になるとは。
まさかお茶の間の顔になるとは…。あ、若干1名、旅番組でたまにの人ですが。

先日、動画サイトでみかけた言葉ですがこの頃のアルバムにぴったりなので。
「フックンにとっては輝かしい過去。モックンにとっては隠したい過去。
ヤックンにとっては、ただの過去」。

anime.JPG

アニメのLPには洋楽やアイドルよりも思い入れが深いぽち。
なんといっても中学1年のときに買ったものまでありますから。
これもぜ〜んぶ思い切りました。
あ、ガンダム「戦場で」は誕生日プレゼントだわ。
ダイターン3の破嵐万丈、今見てもカッコいいなー。

anime2.JPG

はぅ〜もうやだ〜(悲しい顔) 今更プレーヤーがあったとしても聞かないと思うのだけど。
勇者ライディーンと科学忍者隊ガッチャマンには思い出もたくさん
あるから、モノへの執着というよりもノスタルジーに浸る術への
断ち切りになるのかな。

アニメは雑誌やロマンアルバムといった愛蔵本も押入れにまだ残ってます。
この断捨離はいつになるか…。

洋盤・映画サントラ・J-POPS・アイドル・アニメ・声優、約60枚
処分いたしました。頑張った!
寂しいけど、押入れがスッキリしたのでヨシとしよう。

ブログランキング・にほんブログ村へ ←みなさまのポチがはげみになります♪
posted by ぽち at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 他の趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

絵本ぐりとぐらハングル版

gurigura.JPG

子どもの定番絵本「ぐりとぐら」。
先日、ハングル版をヤフオクでGETしました。
その前に韓国の小学1年生向けマンガ本を手に入れたのですけど
「これが小1!?」と言ってしまうほどレベルが高くって…あせあせ(飛び散る汗)
「ぐりとぐら」ならイザとなれば日本の絵本を見ればわかりますからね。

普通のこの絵本は1作目でタイトルが「ぐりとぐら」だけです。
続編は「ぐりとぐらの」かいすいよくだったりえんそくだったり。
でも韓国版はこれにも話の内容がタイトルに入ってました。
「ぐりとぐらのパン製造記」(パンづくりの巻?)ってとこかな。

『このよでいちばん好きなこと おりょうりすることたべること
ぐり ぐら ぐり ぐら』
原作の雰囲気そのままのハングルな感じがしました。

jisho.JPG

さて、ぽちの韓日辞書はキティちゃんバージョンだったりします。
書店で初めて見たとき、こんなの誰が買うの?って思った品ですふらふら
売る人もそう思ったのか、アマゾンのマーケットプレイスで破格の
安値で出ていたのを買いました。
安いからキティちゃんでもかまわないと思ったけど、使ってるうちに
キティちゃんに愛着がわいてきましたわーい(嬉しい顔)

…電子辞書欲しい…それより、韓国行きたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ ←みなさまのポチがはげみになります♪
posted by ぽち at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 他の趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

ふきのとう(デュオ)の歌が好きでした



初めて買ったフツーの(アニメや特撮ではない)シングルレコードが
「ふきのとう」の「風来坊」でした。



「風来坊」の次にリリースされたのがこの「流星ワルツ」。
友達が楽譜を持っていたので、ちょこっとギターの練習をした思い出も…。



「春雷」、先の2曲より後年の歌ですが、好きな歌です。

昔をふりかえって「どうしてあんなの好きだったのかな?」と思うことって
たまにありますが、音楽に関してはそういうの思い当たりません。
今聞きたいかと聞かれると困る歌もありますけどねたらーっ(汗)

ブログランキング・にほんブログ村へ ←みなさまのポチがはげみになります♪
posted by ぽち at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 他の趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

赤寿司(赤漬け)作ってみました

akazusi1.JPG (色がスゴイ!)

先日、レシピを見つけることが出来た秋田の赤寿司(赤漬け?)を作ってみました。
(参照過去記事:ヒミツのケンミンショー:http://tottokocubtaro.seesaa.net/article/138404757.html

この季節、新鮮な赤紫蘇で作るわけは無く、半額シール貼りだった梅甘酢漬けの
赤紫蘇を使ったので、調味料の分量は適当なぽちオリジナル(怖っ)です。

akazusi2.JPG (プラスチック容器より陶器がいいかも)

数年前までお漬物が好きでなかったぽち。今まで浅漬け以外作ったことがありません。
3日間も漬けておくなんて、出来上がるまでドキドキものでした!
取り出して、味見する時も「腐ってないよね〜」とおそるおそる…。

スプーンですくってまずひとくち…。
よかった…食べられるものになってるわーい(嬉しい顔)

ということで、お皿にとってみました。
本物を食べたことが無いから、いいのかどうかわからないのですけど
もう少し塩分を控えめにしたらバッチリという味になってました。

でもきっと本物とは別物なんでしょうねぇ…
ごはんにのせて食べる気にはなれないです。
これだけでごはんになりますレストラン

ブログランキング・にほんブログ村へ ←みなさまのポチがはげみになります♪
posted by ぽち at 19:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 他の趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

今年のハマリもの〜ハングル文字

年明けから、ぽちの好奇心のイレモノの半分はハングル文字でうめられてしまってます。
あの、韓国の暗号のような文字です。

han.JPG

きっかけはとても些細なことでしたが(韓流スターにお気に入りがいるとかじゃ
ないですよ・笑)、文字の仕組みを見てあっという間にのめりこんでしまいました。

hiero1.JPG hiero2.JPG

5年くらい前には古代エジプトのヒエログリフを読めるようになりたいと思ったことも
ありました。簡単な名前とかは読めるようになって…飽きましたけど(爆)。

ぱっと見、ハングルとヒエログリフ、よく似て見えませんか。
ローマ字の仕組みと同じです。ヒエログリフは象形文字なので目で見た形を使い、
ハングルは発音を示す文字で出来ています。

発音ベースのえらく整然とした文字の仕組みをしているなぁと思ったら、
15世紀に時の王様のもとで作り出された文字なんですって。
(1万ウォン札にプリントされてる王様です)

中国に近い分、日本のカタカナやひらがなのような自然発生的な文字が
生まれて来なかったのかな?
韓国語も日本語同様に文法が中国語とは違うので、漢字(漢文)だけじゃ
不便だったと思うのですけど。

なんでもある程度出来るようになると興味が薄れてしまうぽち。
文字だけだとヒエログリフ並みにゴールが見えやすいかもしれませんが、
韓国語にもそそられてしまったので、案外先の長い趣味になりそうです。

そうそう、最初に手にした韓国語の本で、「趣味」の単語欄のトップに
「囲碁」があってビックリしました。さすが韓国exclamation

ブログランキング・にほんブログ村へ ←みなさまのポチがはげみになります♪
posted by ぽち at 23:39| Comment(6) | TrackBack(0) | 他の趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

リブリーが3匹同時に飼えるようになりました

グリムス:リサイクル

liv1.JPG(クリックで拡大)

So-netのLivly。
ソネットのポストペットが大好きだったぽちは2004年からやってます。
リブリーが住む島(1匹に1つ)を選んだり飾ったり、リブリーの色を
かえたり大きさをかえたり、よそのリブリー(を通して飼い主さん)と
交流したりして遊びます。

メールアドレス1つあたりで1匹のリブリーが飼えました。
はまり込んでた時は持ってるアドレス総動員でいくつも登録しましたがたらーっ(汗)
最近は1匹にしぼりこんでました。

liv2.JPG

そのリブリーはこの白い恐竜みたいのです。(ムシチョウ)。

リブリーの楽しさは、町(パークですが)に集ってお買い物やイベント、
城散策やモンスター退治などいろいろできるところにもあります。
最近は有料アイテムなどが増えてしまって、ぽちはパーク会員登録しか
有料をするつもりがないので少々さみしいですが。

liv3.JPG

このほど、1メールアドレスごとに3匹まで飼えるようになりました。
開始早々、不具合だらけでメンテナンスを繰り返してる中、3匹登録しました♪
オレンジのパキケはリブリーを始めた時に最初に飼ったタイプなので
懐かしいです。
ピンクがネオピグミーという今回提供され始めたタイプです。

今回からはポストペットのように「なでる」ことができるようになりました。
ポスペにくらべて寂しいと思っていた点だったので、なでられるのは
うれしいわ〜。ネオピグミーの仕草めちゃ可愛いし。

どうでもいいことですが。ぽちのリブリーたちの名前は見た目に似合わず
三幻神(遊戯王)でそろえてまーす。

ブログランキング・にほんブログ村へ ←みなさまのポチがはげみになります♪
posted by ぽち at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 他の趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

タツノコアニメ「決断」

グリムス:エコカー



ヒストリーチャンネルで再放映されているタツノコプロのアニメ「決断」。
1971年の作品(ガッチャマンの前年?)です。

この動画のオープニングメッセージがテーマであり、作品の見所なのですが、
良い結果を出した決断のエピソードがストーリーになるため、旧日本軍を
美化して描いた感もなくもない…。
今ならともかく、71年頃に作られたことが意外です。

そのためか、あまり再放送されてないのか、ぽちは見たことなかったです。
ヒストリーchでの再放送も毎回見てるわけではありませんが、今週のは
ぽちが好きな「キスカ島撤退」話だったので録画して見ました。

登山でもなんでもまわりに引きずられずに「引き返す決断」ができるリーダーって
すごい!尊敬してしまいます。ぽちはイノシシなのでできない決断です。

この作戦ではその後の状況判断もすごいのですけど、運が味方しなかったら、
引き返したままキスカ島に残る日本軍5千名を見殺しにしたことになったかも
しれないので、チャンスを待つ難しさも物語ってます。
実際、リーダー(木村少将)は引き返した時に轟々の非難を浴びています。
器量の小さい人なら耐えられませんね。

30分のアニメだと、ホントもう鮮やかに米軍を出し抜いて撤退しちゃう小気味よさ。
(現実にも5千人を超える人数を1時間以内に島から撤収させていますひらめき)。
出来れば「ペスト患者収容所」の看板を小屋にかけていったエピソードも
出して欲しかったかも(上陸してくる米軍へのいたずらです)。

ところで。
この作品でソロモン沖海戦のも見ました。
先日の「クックロビン」の記事じゃありませんが、ソロモンときいて
最初に浮かぶのは…。

「やらせはせん!やらせはせんー!!」のビグザムに乗るドズルだとか
「ソロモンよ私は帰ってきた」のガトー(ガンダム・ガンダム0083)ふらふら
…せめて「秘宝」くらいだったらまだマシな気がするんですがたらーっ(汗)
(ソロモン沖海戦にせよ、ソロモン王にせよ、どちらもガンダムより
前から知ってるのにねぇ。先に取り込んだもののほうが普通は印象に濃いのに)。

ブログランキング・にほんブログ村へ ←みなさまのポチがはげみになります♪
posted by ぽち at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 他の趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

抱腹絶倒!?歌舞伎による宝塚ベルばらパロ


平成元年俳優祭4

宝塚ベルサイユのばらをもとにした、市川猿之助の構成・演出による
「歌舞伎ワラエティ・べるさいゆ ばらのよばなし」ですって。

宝塚の動画を探していてみつけたんですが、本格的パロディで
めっちゃ面白くて久しぶりにおなかの底から笑いました。
(平成元年の俳優祭のものだそうです)。

中村福助(この時は児太郎)がオスカル、市川右近がアンドレです。
右近さん、歌がうまい。福助さんはいろいろがんばってます。

4パートにわかれた動画で、これは最後のパート。
アンドレの死からバスティーユ、フィナーレまでです。

コメントにもありましたが、宝塚より長い別れのシーン、
しかも泣けるシーンに歌舞伎が入って笑わせてくれます。
フィナーレやバスティーユの群舞…踊りはともかく、ベルばら舞台の
イメージが定着しているせいか、あまりの足の長さの違いもパロに感じるexclamation&question

でもこれだけ笑える作りなのに、「バスティーユに白旗が!」あがる
シーンを見てウルッとくる自分まで笑えてしまいますたらーっ(汗)


1991年宝塚月組ベルサイユのばら

こちらは女優として活躍している涼風真世さん(オスカル)と
天海祐希さん(アンドレ)が演じたベルばら。
上の動画(4)とほぼ同じあたりのものです。比べてみて〜。

涼風オスカルの「シトワイヤン!行こう〜!」はかっこいいわ。
いろいろステキだけど、たしかに宝塚特有の演出はパロディを
やってみたくなる部分満載ですね。

このバスティーユで、オスカルが最初撃たれたあとの十字架つりあげとか。
(宝塚は舞台を見ると違和感ないんだけど、TVとかこういうのを見ると
演出に微妙な気分になります)
十字架つりあげ、ちゃんと歌舞伎でもやってましたね!スゴイ!




見たい方のために動画1〜3も載せておきます。

伯爵夫人を猿之助・勘九郎、イギリスの王子を菊五郎、
アントワネットを雀右衛門、ルイ16世を団十郎といった
錚々たる顔ぶれ。







ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキングにご協力のポチいただければ励みになります
posted by ぽち at 12:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 他の趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

大浦みずきさんの思い出(宝塚)


1983年星組「オルフェウスの窓」

朝、元宝塚トップスターの大浦みずきさんの訃報を知りました。
53歳、若いですね。そして、自分とたった9歳しか違わなかったと知り、
感慨あらたに大浦みずきさんの回想とともに心は高校生の頃に飛びました。
(たった9歳の違いでも学生の頃には大きな差ですよね)。

宝塚にハマリ始めたのは高2の終りくらい。麻実れいさんがトップだった雪組公演を
見に行ってました。毎月読んでいた「宝塚グラフ」という雑誌の写真や記事で
大浦みずきさんが気に入り、当時在籍していた星組の公演を見に行ったのは
2年くらいたってからでした。

その公演が「オルフェウスの窓」。ベルばらの池田理代子先生の作品が原作。
「オルフェウスの窓」と呼ばれる、音楽学校の古い窓から下を見下ろして
最初に目にした女性と運命の恋に落ち、それは悲劇におわるという伝説があり…。
20世紀初めのドイツの音楽学校からロシア革命までからむ大作です。
主人公のユリウスはベルばらのオスカル同様に実は女性で、宝塚には打ってつけ。

宝塚公演キャスト。
イザークを星組トップでこれがさよなら公演の瀬戸内美八、ユリウスを
準トップだった峰さを理、先輩であるクラウスを専科から榛名由梨が演じました。
大浦みずきさんの役は音楽学校の学生ダーヴィトだったかモーリッツだったか…
学生キャラは4人くらいいて、舞台では背の高い日向薫さんに魅せられて帰ってきたので、
残念ながら大浦さんは踊りの印象の方が濃いのです。
雪組から移籍した山城はるかさんも学生キャラだったような。

大浦さんは劇では思っていたよりも目立たなかったのですが、踊りではひときわ
魅せるものがありました。ぽちは雪組で尚すみれさんという、年齢も高くなっていた
小柄な方の踊りをみてひとめぼれしてたので、踊りで目立つ人が好きなんですよ。

でも大浦さんの舞台を見たのはこの時が最初で最後でした。
大浦さんが築いたという「ダンスの花組」の公演を見てみたかったです。
ぽちが宝塚公演を見た最後は大地真央さん&黒木瞳さんのさよなら公演(85年)
だったので、大浦さんの活躍は知っていたものの公演まで見に行くことはなくなってました。

大浦みずきさんのご冥福をお祈りいたします。

余談:動画のフィナーレで歌ってる「愛すればこそ〜」の歌だけ覚えていて、
てっきりベルばらの舞台で歌ってたものと記憶違いしてました。
銀橋(舞台から出たオケボックスの手前のライト部分)を渡っていくのを見たら、
今でもなぜかドキドキしてしまいます。

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキングにご協力のポチいただければ励みになります
posted by ぽち at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 他の趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

クックロビン音頭と意地悪ばあさんの歌



ぱぱんがぱん!だ〜れが殺したクックロービン♪

ぽちには猛烈になつかしいクックロビン音頭です。
このアニメの節がつく前に友達とよくやった記憶が…。
(30年近い昔だわ)。

花とゆめに連載されていた少女マンガ「パタリロ!」のギャグで
アニメではメロディがつきました。
これはエンディング曲になっている「クックロビン音頭」です。

先日記事にした声優さんバンド「スラップスティック」が歌っています。
主に歌っているのは古川登志夫さんのようです。

クレジットを見ると、メンバーの曽我部さんはバンコラン(パタリロの
キャラ)の声をあててたんですね。
(アニメはあんまり見てなかったのでそれほど記憶にないぽち)。

「誰が殺したクックロビン」で、最初にマザー・グースの歌が浮かぶ人は
高尚かも。(「誰が駒鳥殺したの?」「それは私と雀が言いました)。

このギャグはパタリロ原作者(魔夜峰央先生)が好きだった少女漫画家・
萩尾望都先生の作品をパロったもの。

ぽちはクックロビン音頭、次にそのパロ元ネタの作品「ポーの一族
(小鳥の巣)」が浮かびます。
(ポーの一族にはマザー・グースの歌がたくさん出てきます)。
マザー・グースの歌が浮かぶのは最後かなたらーっ(汗) 



スラップスティックの歌が動画にないかと探してみつけたもうひとつ。
80年代のドラマ「意地悪ばあさん」の歌です。

歌を聴いた感じでは、1番が三ツ矢雄二さん、2番が古谷徹さんっぽいです。
「好きなんだ」のハズレっぷりに野島さんvoiceかと思ったら、主演の
青島幸男氏だそうです。
(元都知事もあちらの方になられて久しいですね)。

もっと古いドラマ版は再放送などで見てましたが、このドラマはパタリロ
アニメ同様にほとんど見ていません。
青島幸男氏は初代のドラマ版でも意地悪ばあさんをされてたようですが、
もう記憶に薄いです。(男性がやってたイメージしか残ってない)。

結局、スラップスティックのメンバーが出ている動画は見つけられずでした。
参照過去記事:スラップスティックと大滝詠一
http://tottokocubtaro.seesaa.net/article/132296183.html

ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキングにご協力のポチいただければ励みになります
posted by ぽち at 22:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 他の趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。