2014年09月29日

上飯田・飯田神社(和泉七サバ・6)

7saba6a.jpg

いちょう団地近く、上飯田にある飯田神社。
新編相模風土記稿に「飯田明神社、鯖明神とも唱ふ、
村の鎮守なり、稲荷、山王を合祀す、村持。」と
記されている、境川流域にあるサバ神社のひとつです。

ご祭神は左馬頭源義朝、宇迦之御魂大神、
大山咋大神。

7saba6b.jpg

勧請年代、不詳。
「延応元年(1239)に飯田三郎能信、
当時の地頭に復するや篤き奉幣の儀あり
猶知行平山源太郎の崇敬特に深かりし社なり」
(社伝)。

寛政12年(1800)2月、式部権大輔菅原長量が
「飯田大明神」と刻まれた銅製の神号額を奉納。
文化13年(1816)2月に神祇管領占部朝臣良長が
幣帛を献上して祝詞を奏上。

明治6年(1873)に村社に列せられる。

7saba6c.jpg

現在の社殿は昭和30年に新築されたものだそうです。

鳥居前に庚申塔ほか石仏多数、六地蔵ならぬ
七観音があります。

横浜市泉区上飯田町2517
参考:神奈川県神社庁

撮影日:2014年8月26日(火)
関連過去記事・和泉七サバまいり:
http://tottokocubtaro.seesaa.net/article/404493815.html

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ ポチいただけるとうれしいです
携帯の方はこちらからよろしくお願いします→ http://localkantou.blogmura.com/kanagawa/
posted by ぽち at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉区どうでしょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。