2014年08月28日

七サバ参り(泉区・瀬谷区・大和市のさば神社巡り)

140826aa.jpg140826bb.jpg

境川流域で、瀬谷区橋戸から泉区、大和市、藤沢市
西俣野や石川までの地域に点在する12社の「さば」神社。

12社中9社の祭神は源義朝(頼朝・義経の父)で、3社は
それよりもっとご先祖の源満仲、両名とも左馬守
(さまのかみ・さばのかみ)という役職であったことから
「さば」神社となったようです。

江戸時代中後期からこの地域の人々は疱瘡・疫病が
流行ると、病避け・厄除けとして、12社のうちの
7社を1日で回ってお参りしたと伝えられています。

7社の選択は大和・藤沢・和泉(横浜)で異なります。
今回、ぽち地域の和泉七サバでまわってみました。

写真はスタートにしたさば神社。
泉区・天王森のとなり、鍋屋(旧字名)の鯖神社です。

140826cc.jpg140826dd.jpg

そこから和泉川沿い遊歩道をいずみ中央に向かいます。
修悠館高校の川をはさんだ向かい側奥にある
中之宮左馬神社。
北側出入り口の道祖神をはじめ、石仏・石碑が多くあります。

140826ee.jpg140826ff.jpg

和泉川沿いへ戻り、いずみ中央の先、川沿い西側の道から
住宅地の小道を見ながら進むと、鳥居が見えるところ。
神田・佐婆神社があります。

相鉄線のガードが見え、その向こうには環状4号線。
現在は境内から環状4号線に出る道が出来ていますので
ここから瀬谷へ向かいました。

140826gg.jpg140826hh.jpg

環状4号線沿い、下瀬谷2丁目交差点先のファミレスと
メガネ店の手前を住宅地に入り、細い道なりを進み、
鎮守の森らしき木が茂ったところをめざします。

大和・藤沢・和泉それぞれの七サバでも、共通して
筆頭にあがるのがこちら、瀬谷橋戸の左馬神社です。
社殿も立派です。

140826ii.jpg140826jj.jpg

橋戸からは住宅地の中を道なりに南下し、
中原街道で桜ヶ丘方面に進みます。
境川にかかる新道大橋の先2つめを左折、
巡礼街道の石碑などがある近くに大和の
上和田・左馬神社があります。

鳥居の横にはたくさんの石仏・石碑が並んでいます。

140826kk.jpg140826ll.jpg

上和田左馬神社の鳥居正面を南下、宮久保の先を
左折して境川の橋を渡ると川沿い少し先で
泉区の柳明を通る鎌倉古道(上道)に出られます。

今は閉鎖した羽太郷土資料館の前を古道沿いに進めば
五軒庭プロムナード・せせらぎ緑道などを抜けて
いちょう団地の先にある上飯田の飯田神社に
つながります。

飯田神社は元は鯖神社と呼ばれていたと伝わっています。
こちらも鳥居前には「七観音」をはじめ、庚申塔など
たくさんの石仏があります。

140826mm.jpg140826nn.jpg

飯田神社からも鎌倉古道沿いにまっすぐ進みます。
長後街道もまたいで、下飯田へ。
本当の古道が境川側へ逸れる区間をまっすぐ行くと
道沿い東側にある下飯田の左馬神社。

二の鳥居からからも境内へ入れますが、こちらは
参道に2つ鳥居がある神社です。

和泉の七サバまいり、こちらでコンプリート致しました。
距離は(家から)21.1km、ジョギングしながらでしたので
ちょうどハーフマラソンを走ったことになります。
所要時間は約3時間半。

ひとつひとつの神社については(気が向けば)そのうち
UP致します。

撮影日:2014年8月26日(火)

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ ポチいただけるとうれしいです
携帯の方はこちらからよろしくお願いします→ http://localkantou.blogmura.com/kanagawa/
posted by ぽち at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ史跡・神社仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。