2010年03月15日

韓国の囲碁とゼイノイと

韓国語学習(独学)を始めて早2ヶ月が過ぎました。
言葉のみならず、すっかり韓国にはまっているぽちです。

ハングル文字に興味を持った時、すんなりと韓国語やってみようかなと
思えたベースには、韓国棋院&韓国の囲碁棋士のことがありました。

きっかけは年明け早々の将棋欄。
強い女流将棋棋士(里見香奈さん)に、女流囲碁棋士のゼイノイのように
なって欲しいというようなことが書かれていました。

それまでゼイノイさんのことを知らなくて、軽く調べてみたらメチャクチャ強い
中国出身の女流棋士で。天安門事件の時に中国を出て来日。

日本棋院は彼女を受け入れたら日本の女流タイトルを総なめにされるとの
危惧と中国からの要望で棋戦への参加を認めず、日本の研究会で勉強した後、渡米。

その後、客員として韓国棋院に招かれ、現在は客員扱いでもなくなったようです。
韓国では日本の名人戦クラスで男性棋士相手にタイトルを取ったりと強さは半端なし。
将棋欄の記事には「女流が羽生さんに勝って名人になるようなもの」とありました。

先日、女流囲碁棋士の鈴木歩さんと対局した模様を囲碁雑誌で見ました。
指導碁のような内容だったらしいですたらーっ(汗)

ぽちとしてはゼイノイさんを受け入れた韓国棋院がすごいって思ったんですね〜。
女性だとか国籍だとかを超えて、国手戦でタイトルを取っちゃう囲碁棋士としての
強さを大切にしてる大らかさ(?)に。
その辺が「韓国ってどんな国?」とやや興味を持つきっかけになりました。

さて、韓国系ブログを見てまわってる中で、韓国人と日本人の感覚の差は
脳のタイプにあるという本の話をみました。
日本人は左脳型が70%、右脳型が30%。
対して韓国人は左脳型30%、右脳型70%なのだそうです。

これだけ見ると囲碁が日本より強くて当たり前なのではと思ってしまいませんか。
将棋や囲碁は右脳が発達している人ほど強いと言われてますよね。
「羽生の脳」についてTVでも(書籍でも)特集されたのを見ましたが、
彼の右脳のすごさがいろいろな点から検証されてました。

それでも将棋は囲碁に比べて文脈型の1本道のゲームで、左脳の優れた能力を
必要とするそうです(by米長氏の著書だったと思う)。
囲碁は将棋よりも右脳の空間認知力を必要とする分、右脳型ゲーム。

囲碁棋士の石倉昇氏は著書で「4面持碁」などは、ヒカ碁・塔矢アキラばりの
若い棋士でないと、左脳が衰えてくるので厳しくなると書かれてました。

半目差などの目数計算は年をとると厳しくなるかもしれませんが、将棋に比べて
囲碁棋士が高齢でも強くいられるのは、空間認知と経験という右脳によるところの
大きいゲームだからなのでしょうね。

そうすると、そもそも右脳型の多い国民の中から囲碁棋士を磨き上げていくのは
圧倒的に左脳型の日本より有利exclamation&question
脳が向いているから囲碁人口も多いとか?(賞金額が人々の関心を呼ぶのだとは
思いますが)。

余談ですが、柔道・相撲・囲碁など日本の文化の中で育まれたものは、強ければ
いいってものではない部分がありますから、囲碁も日本的美学の囲碁と中国や
韓国の勝利だけを目標にした囲碁とのスタイルのせめぎあいは、シロウトの
ぽちでさえ感じます。

囲碁は確実に中国・韓国スタイルに変わりつつあるようで、子供向け大会の
ルールも変更されたりしているようです。
ますます、あちらの脳(?)についていけなくなるかもね〜?

ブログランキング・にほんブログ村へ ←みなさまのポチがはげみになります♪

posted by ぽち at 11:48| Comment(3) | TrackBack(0) | 囲碁・将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ありがち〜!

こんばんは。
たった今、その芮×鈴木戦、読みました>「碁W」2010/2でしょ?
150手も打たないうちにm(__)m。
世界最強女流に歩ちゃん、ほとんど前座扱い。

>日本棋院は彼女を受け入れたら日本の女流タイトルを総なめにされるとの危惧…

いかにも「ありがち」な日本的判断。
んで20年後、台湾からの謝依旻に丸ごとかっさらわれるザマに。結局おんなじじゃん(>_<)。

逆に彼女を受け入れた韓国は、グイッと頂点へ。

本気で世界レベルを目指すなら、「タイトル独占されたら…」とか「外国人枠○人で」とか言わない!
本塁打王争い、Jリーグ得点王争い、大相撲横綱に外国人がズラッと並ぶのが気に喰わなきゃ、締め出すとか姑息なことするんじゃなくて、競わせて実力で奪いに行け!

ふ〜、なんか、もっもさんのフラストレーションが分かる気がする…(^_^;)。
Posted by きゃぶ at 2010年03月15日 21:30
↑ あら、3行目「ゼイ」九段の漢字、使えなくてバケちゃった(^^;)。
そんなに難しい字じゃないのにな…。

見苦しくてスミマセンm(__)m。
Posted by きゃぶ at 2010年03月15日 21:35
きゃぶさん、こんにちは。
そうそう、碁ワールドです。

ありがちでしょう〜!
中国政府のケチ臭いお達しをいい口実にして。
本当に勿体無いことをしたものですよね。

なんて言うか、私は世界レベルを目指すのか、内にこもって美学を守るのか、はっきりした態度を示すべきだと思うんですよ。日本棋院でも大相撲でも。

世界を目指すなら、実力向上に何が必要かをもっと考えるべきですよね!
Posted by ぽち at 2010年03月16日 17:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。