2010年01月23日

下和泉交差点は地神塔(横浜泉区)

simoizumitou1.JPG

連日書いてましたが、環状4号線沿いの「下和泉」交差点が整備された時に建った
庚申塔等2基のうち、刻像塔は地神塔でした。

今日確認してきました。(ぽちが訪れた2時間後くらいに年配男性が地神塔に向かって
熱心にメモされてました。車じゃなかったら声かけたんですけど〜)。

一応、地神について調べられたことを書きますと、全国的に見ても神奈川県の
この辺りは地神信仰の熱心な地域らしく、地神塔・地神刻像塔が多く見られるようです。

理由は、明治の廃仏毀釈まで存在した藤沢市西俣野にあった神札寺(地神坊)が
配ったお札(掛け軸)に地神の姿が描かれていたことにも因るそうです。

元々、地神は仏教でいう天部に属するインドの神様といわれています。
お釈迦さまが悟りを開いた時にその証明として大地から湧いてきたともいわれ、
大地を堅固に守る神様とされます。

simoizumitou2.JPG simoizumitou2b.JPG simoizumitou2c.JPG

地神は女神さまで、片手に戟(長い槍みたいなもの)を持ち、もう片方の手で
胸前で盛花器を持つのが本来の姿のようですが、西俣野で発行されたお札では
武神姿で花かごではなく鉢を持っています。
この鉢をぽちは托鉢の鉢かと思ってました。

この近辺の刻像の多く(といっても刻像は少ないですが)はこのお札から
絵柄を得ているようで女神ではない姿だそうです。

堅牢地神として、大地を守る=農業の守り神として、農村部での信仰篤いこと、
この境川近辺は農村部であることから庚申講とともに熱心に地神講が行われてきた
のでしょうね。たしかにこの辺り、文字の地神塔はかなり多くあります。

地神講は年に2回、春分の日と秋分の日に最も近い戊(つちのえ)の日に行われ
この日(社日という)は土を動かさずに五穀成就を願ったそうです。

下和泉交差点の地神刻像塔は、側面に「相州鎌倉郡下和泉村」「南ふじさハ道(?)」と
「文政十二丑年十一月吉日」「東かまくら道(?)」と刻まれています。
(建立時はどこに建ってたのでしょう?変電所前の道でもあてはまりますが…)。

izumigawatou.JPG

和泉川沿い、赤坂橋たもとに小さな鳥居と祠があり、そこに3基の石仏があります。
(そのうちの不明なお地蔵さま刻像も今でも何なのか気になっています)。
今回写真を見直した時に、もしかしたら青面金剛ではないかもと思われた刻像を
確認してきました。

こちらは写真ではわかり辛いですが、紫マル内の胸前で合掌していると思われる
立体的な腕のほかに左右2本ずつ、計6本の腕がありましたので青面金剛刻像に
間違いないようです。

黄色マル内に、線刻された腕があります。持ち物は右腕2本が剣と矢。
左腕2本が宝珠と弓でした。

関連過去記事:
下和泉:http://tottokocubtaro.seesaa.net/article/107932723.html
和泉川:http://tottokocubtaro.seesaa.net/article/108361853.html

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 神奈川情報へ ←みなさまのポチが励みになります♪

posted by ぽち at 17:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 庚申塔・石塔・石仏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。。

和泉町在住39年のプーママと申します。

地神塔は我家のすぐ近くですが、いつも素通り   (汗)
ぽちさんのブログは親近感あって楽しかったです!
またおじゃましますね。

それにしても永く住んでいますが、知らないことが多すぎて???
時間ができたら近くを歩いてみたいなぁ〜って思いました!!
Posted by プーママ at 2010年01月25日 14:32
プーママさん、はじめまして。

わ〜、39年も和泉町に住んでらっしゃるのですね。
今のように住宅地が広がる前からの変遷もご存知なのでしょうね。

地神塔のお近くでしたら、ご近所さんですよ、きっと。

私は知らない土地に来ていろいろと知りたくて歩き回っています。
とは言っても気づけば14年…。

泉区はお散歩にいい所が多く感じます。
ぜひ、長年の土地勘を生かしていろいろ歩いてみてくださいね♪

ご訪問&コメントありがとうございました。
是非またいらしてくださいね(^^)。
Posted by ぽち at 2010年01月25日 22:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。