2016年05月06日

鎌倉街道(古道)上道を歩く・1(鎌倉駅〜葛原ヶ岡)

1604kodo1.jpg

以前にも泉区内の鎌倉古道上道を旧道に沿って歩きましたが
今回は鎌倉駅を出発して、上道のスタート地点である
化粧坂(最近の表示では仮粧坂とかかれてますね)から
たどりました。

目安程度に古い地図と現在地図を比較できる地図も
持っていきました(写真)。

1604kodo2.jpg
(寿福寺)

上道は化粧坂から西へ向かい、藤沢市・泉区・大和市・
瀬谷区・町田市〜入間から信州方面へ向かう道です。

六浦から松戸方面へ向かう下道、上大岡あたりから高崎へ
向かう中道は古道のルートがほぼ主要道路となって現在も
鎌倉街道と呼ばれていたりしますが、上道は廃道化したり
細々とした生活道路になってる部分が多く鎌倉街道だと
知られていなかったりします。

1604kodo3.jpg
(十六夜日記の作者・阿仏尼の墓)

今回のルートです。
鎌倉駅-今小路・寿福寺・阿仏尼の墓-化粧坂-葛原ヶ岡
-梶原の住宅地・山の上ロータリー-深沢・大慶寺・
JR工場跡地-町屋橋-タケダ横-村岡・日枝神社-渡内-
柄沢橋付近の住宅地-鉄砲宿-藤沢バイパス入口-八坂神社
-俣野神社

1604kodo6.jpg
(鎌倉はシャガの花が多い)

戸塚の八坂神社の鳥居横に鎌倉街道上道の説明板があります。
先日これを見て鎌倉からたどりたくなりました。
今回のルートでは、鎌倉市6km・藤沢市5km・横浜市4kmです。

以前だったら詳細な道案内を載せるところですが、
今のぽちにはめんどうなのでこまかいことは書きません。
あしからず。

1604kodo4.jpg
(平景清の土牢)

崩れてるのでしょうが、平景清がおしこめられたという
土牢跡です。化粧坂に向かう途中の左手にあります。

平景清といえば、山口の秋芳洞ちかくに景清洞という
鍾乳洞があります。景清の眼病がその洞窟の水で
治ったという伝説があって、入口はルルドの泉みたいに
なっていたなぁなんてことを思い出しました。

1604kodo9.jpg

上道のスタートになります化粧坂です。
子供のころに通ったときより崩れていました。

1604kodo10.jpg

坂の途中から見下ろしてみました。

1604kodo11.jpg

坂の上の部分、段差がすごいです。
距離は短いですが古道らしい雰囲気ありました。
(昔はなかったロープが張ってありましたけど)

1604kodo12.jpg
(葛原ヶ岡の公園)

化粧坂をのぼり、少し進むと葛原ヶ岡神社に出ます。
鳥居の手前で左方面へ下りて梶原方面へ向かいます。

続く。

撮影日:2016年4月16日(土)
実は歩きというよりマラニックとして走ったので
それほど史跡の写真を撮っていません。

 
posted by ぽち at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧道を歩く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。