2016年06月05日

河津バガテル公園・春薔薇2

bgl1.jpg

バガテル公園の春薔薇。
春と秋に1回ずつ訪れてますが、できるなら
ひとつのシーズンにもっと通いたくなります。

bgl2.jpg

今回は咲き始めが例年より早くて、大輪のものが
ほぼ終わってました。

bgl3.jpg

bgl4.jpg

bgl5.jpg

bgl6.jpg

ハナミズキみたいなバラ。

bgl7.jpg

続きます。

撮影日:2016年5月21日(土)

 
posted by ぽち at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | あちこちおでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

河津バガテル公園・春薔薇1

kawa1.jpg

毎年、春と秋に訪れている伊豆の河津バガテル公園。
春薔薇を見てきました。

バガテル公園のランドマーク的存在、キオスク。

kawa2.jpg

春薔薇の季節はステキすぎるパーゴラの道。

kawa3.jpg

秋薔薇はパーゴラにあまりないので春に満喫します。

kawa4.jpg

kawa5.jpg

kawa6.jpg

kawa11.jpg

kawa7.jpg

タワーも春かなぁ。

kawa12.jpg

kawa8.jpg

色別のタワー。

kawa9.jpg

kawa10.jpg

モネの睡蓮の池。
睡蓮、咲いてました。

薔薇写真も続けます。

撮影日:2016年5月21日(土)

 
posted by ぽち at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | あちこちおでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

三浦半島みちくさ100km・60kmウルトラマラソン

160514a.jpg

先週の土曜日、5月14日に三浦で開催された
「第4回三浦半島みちくさ100km・60kmウルトラマラソン」の
60kmの部に参加してきました。

160514b.jpg

三浦海岸がスタート、途中のエイド、最後のゴール地点になります。
60kmでも半島の南部をほとんど回るルートです。

160514c.jpg

スタートゲート、フィニッシュゲートでもあります。
100kmは14時間、60kmは10時間の制限時間。
フルマラソン(42km)より長い距離を走ったことはなく、
制限時間内に完走できるか、未知の領域へのチャレンジでした。

160514d.jpg

60kmは9時スタート。
国道134号線で夫婦橋近くの第1エイド(補給所)を経て
久里浜の海岸沿い県道212号で第2エイド・野比海岸へ。
海軍カレーパンや三浦塩キャベツが給食として提供されてました。

160514e.jpg

スタート会場の三浦海岸が第3エイド。
国道134号から県道215号をすすんで金田湾、大浦海水浴場
方面へ向かいます。 一面のキャベツ畑の向こうに海と空、
三浦らしい景色を堪能しながら走ります。

160514f.jpg

道も狭く訪れる機会はあまりない剣崎灯台が見えます。
第4エイドでした。

三浦はどこもアップダウンが多いのですが、このあたりは
特にきついです。きれいな景色が救い。

160514g.jpg

江奈湾、毘沙門湾の干潟を見ながら海岸線から
風力発電施設の風車がある宮川へ。
宮川からは第5エイドがある城ヶ島公園をめざします。
写真は城ヶ島公園。

160514h.jpg

城ヶ島公園のゲートを出て、ウミウの彫像があるところから
馬の背洞門・城ヶ島灯台方面へのオフロードへ。
100kmは馬の背へ行きます。
60kmは城ヶ島灯台方面、途中で折返してきます。

160514i.jpg

第6エイドの三崎港。
ひとくち甘味が各種あるめずらしいエイドでした。

諸磯・油壺の海岸線から県道26号、引橋の交差点から
国道134号に入り、次の第7エイド。
このあたりでフルマラソンの距離を少し超えました。

だんだん写真を撮る余裕がなくなったようで
ゴールまでほぼ写真無し(^^;)

ソレイユの丘に第8エイドがあり、そこから長井の
海岸線を通って国道に戻り、武山駐屯地の横を通って
林交差点へ。 林交差点から三浦海岸へ向かう山側に
最後の第9エイドが設けられていました。

160514j.jpg

山を抜ける県道214号は外灯もない区間があり、
このためにヘッドライトなどを持参してましたが
まだ日が沈む前で使わずに済みました。

なんとか、9時間半でゴール。
制限時間内に60km完走できました。

ゴール後は三崎まぐろ漬け丼、ぶっかけ素麺、南伊豆産の
ところてんなどを食すことができます。
食べながら暮れていくゴールゲートを見てました。

160514k.jpg

面白い文面の完走証明書と、マグロの形をした完走メダル。

160514l.jpg

参加賞Tシャツとおみやげセット(三浦わかめ、
高梨農園の無添加にんじんジャム、わかめと海苔が
入ったそば)。 おいしそうです。

160514m.jpg

Tシャツのバックプリント。

タイムを競うのでなく、楽しんで食べまくって走るという
コンセプトのゆるい大会(普通の大会と違って信号も守り、
一般歩行者優先で歩道や道路端を走るのもめずらしい)。

そんな大会だからこそ、60kmという長い距離を
とても楽しく走って歩いてゴールすることができました。
来年も参加したい大会でした。
興味のある方は来年、ぜひ♪

大会関係者・スタッフ・沿道のみなさまに感謝いたします。

 
posted by ぽち at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョギング・カラダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月11日

鎌倉街道(古道)上道を歩く・3(影取R1藤沢バイパス入口〜俣野神社)

1604kodo18.jpg

国道1号線の藤沢バイパス入口を左折すると
道の先に庚申塔などが並んでいます。
この手前になる道を右折して道なりに進んでいきます。

1604kodo19.jpg

ひなびた細い道ですが、抜け道に使う車が
たくさん通ります。

道沿いに突如あらわれる鳥居。
八坂神社の鳥居で、現在の道のために参道が
分断され、鳥居だけが建っているように見えますが、
坂をくだると八坂神社の社と境内があります。

1604setsumei.jpg

鳥居の横には鎌倉街道上道の説明板、
奥に庚申塔が数基たっています。

過去記事
八坂神社 http://tottokocubtaro.seesaa.net/article/157134043.html
庚申塔 http://tottokocubtaro.seesaa.net/article/157650484.html

1604kodo20.jpg

八坂神社を過ぎて道なり進んでいき、橋で左折。
俣野小学校の前を過ぎると県道403号線の交差点に出ます。
道路向こうに庚申塔数基が見え、その奥の道へ進みます。
右手の山に道祖神もあり。

1604kodo21.jpg

山へと坂を上り、俣野神社へ。
俣野神社が古道のルートなのか微妙な気がしていますが
古道散策される方の多くが訪れてますので入れておきました。

この先のルートは鳥居の前を通り過ぎ、
俣野町内の道祖神前を抜けて、下飯田交差点から
東泉寺前の道へ向かいます。

またそのうちに行くつもりです。
今回の鎌倉からの距離は約15kmでした。

撮影日:2016年4月16日(土)
*マラニックとして走ったので
あまり史跡の写真を撮っていません。

 
posted by ぽち at 06:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧道を歩く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

鎌倉街道(古道)上道を歩く・2(葛原ヶ岡〜影取R1藤沢バイパス入口)

1604kodo13.jpg

葛原ヶ岡から梶原の住宅地へは最初だけ狭い道ですが
すぐに住宅地内の道路に出ます。

山の上ロータリーを過ぎて、深沢中学校の
北側へ出る坂を下ります。
大慶寺という茅葺の門がある古刹の前を通り、
湘南モノレール真下の道路を渡って柏尾川にかかる
町屋橋をめざします。

途中、左手に旧JR工場の土地が見え、こんもりとした
小山があります。道路側からは見えませんがたぶん
泣き塔があるはず。 工事で崩そうとすると事故が
起きたりと、軍も国鉄も工事を諦めた経緯がある
いわくつきのスポットです。その昔、女性の泣く声が
聞こえたとかで泣き塔とよばれてます。

1604kodo14.jpg

柏尾川に出たら町屋橋を渡り、小塚の住宅地を抜けて
東海道線の線路をくぐります。
正面に大きなタケダ薬品の建物が。

1604kodo15.jpg

村岡東二丁目交差点からタケダの脇を通り
住宅地の坂を上ります。

渡内日枝神社が見えてきます。
こちら、平将門の叔父・平良文が祀られています。

平良文関連の史跡はこのあたりに数箇所あり、
以前まわったときの過去記事はこちら。
http://tottokocubtaro.seesaa.net/article/100090041.html
(写真は容量の関係で削除してしまってます)。

160509map.jpg

余談ですが。
古い地図を見ると、町屋橋から現在と反対方向に
ナナメに山へ向かう道があったようなので本来は
そっちかな? 今は存在しない道です。

赤が今回の道、日枝神社。
黄が昔あったと思われる道の方向です。
二伝院は平良文の墓があるお寺ですが、ここには
古い時期に砦があったので、古道はこちらから
渡内に向かったのではないかと勝手に推測しています。

1604kodo16.jpg

渡内から柄沢橋方面をめざし、柄沢橋手前を北上。
途中、隆昌院というめずらしい鬼子母神のお寺に寄り道。
柄沢の鬼子母神だそうです。

1604kodo17.jpg

県道312号線、島の神交差点から鉄砲宿へ向かう道で
鉄砲宿へ。 
国道1号の藤沢バイパス入口から西へ向かいます。
写真はR1沿いにある俣野別邸公園の入口です。

梶原の住宅地から藤沢バイパス入口まで、
古道のおもかげを残す部分はほとんどありません。
ちょっと古い道程度のはわずかにありますが…

続く。

撮影日:2016年4月16日(土)
*マラニックとして走ったので
あまり史跡の写真を撮っていません。

 
posted by ぽち at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧道を歩く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

鎌倉街道(古道)上道を歩く・1(鎌倉駅〜葛原ヶ岡)

1604kodo1.jpg

以前にも泉区内の鎌倉古道上道を旧道に沿って歩きましたが
今回は鎌倉駅を出発して、上道のスタート地点である
化粧坂(最近の表示では仮粧坂とかかれてますね)から
たどりました。

目安程度に古い地図と現在地図を比較できる地図も
持っていきました(写真)。

1604kodo2.jpg
(寿福寺)

上道は化粧坂から西へ向かい、藤沢市・泉区・大和市・
瀬谷区・町田市〜入間から信州方面へ向かう道です。

六浦から松戸方面へ向かう下道、上大岡あたりから高崎へ
向かう中道は古道のルートがほぼ主要道路となって現在も
鎌倉街道と呼ばれていたりしますが、上道は廃道化したり
細々とした生活道路になってる部分が多く鎌倉街道だと
知られていなかったりします。

1604kodo3.jpg
(十六夜日記の作者・阿仏尼の墓)

今回のルートです。
鎌倉駅-今小路・寿福寺・阿仏尼の墓-化粧坂-葛原ヶ岡
-梶原の住宅地・山の上ロータリー-深沢・大慶寺・
JR工場跡地-町屋橋-タケダ横-村岡・日枝神社-渡内-
柄沢橋付近の住宅地-鉄砲宿-藤沢バイパス入口-八坂神社
-俣野神社

1604kodo6.jpg
(鎌倉はシャガの花が多い)

戸塚の八坂神社の鳥居横に鎌倉街道上道の説明板があります。
先日これを見て鎌倉からたどりたくなりました。
今回のルートでは、鎌倉市6km・藤沢市5km・横浜市4kmです。

以前だったら詳細な道案内を載せるところですが、
今のぽちにはめんどうなのでこまかいことは書きません。
あしからず。

1604kodo4.jpg
(平景清の土牢)

崩れてるのでしょうが、平景清がおしこめられたという
土牢跡です。化粧坂に向かう途中の左手にあります。

平景清といえば、山口の秋芳洞ちかくに景清洞という
鍾乳洞があります。景清の眼病がその洞窟の水で
治ったという伝説があって、入口はルルドの泉みたいに
なっていたなぁなんてことを思い出しました。

1604kodo9.jpg

上道のスタートになります化粧坂です。
子供のころに通ったときより崩れていました。

1604kodo10.jpg

坂の途中から見下ろしてみました。

1604kodo11.jpg

坂の上の部分、段差がすごいです。
距離は短いですが古道らしい雰囲気ありました。
(昔はなかったロープが張ってありましたけど)

1604kodo12.jpg
(葛原ヶ岡の公園)

化粧坂をのぼり、少し進むと葛原ヶ岡神社に出ます。
鳥居の手前で左方面へ下りて梶原方面へ向かいます。

続く。

撮影日:2016年4月16日(土)
実は歩きというよりマラニックとして走ったので
それほど史跡の写真を撮っていません。

 
posted by ぽち at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧道を歩く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

遊行寺の桜は八重咲きのアーチ(藤沢市)

160410yugyoji1.jpg

藤沢の遊行寺。
正式名称は清浄光寺(時宗)。

黒門から参道に向かって。

160410yugyoji2.jpg

参道は八重咲きの桜のアーチになってます。

160410yugyoji3.jpg

八重咲きは重厚感がありますね。

160410yugyoji4.jpg

本堂と桜。
ちょこっと一遍上人が見えてます。

160410icho.jpg

境内の大銀杏。

撮影日:2016年4月10日(日)

 

posted by ぽち at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ史跡・神社仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

箱根駅伝3区と8区で観戦

ekiden3a.jpg

箱根駅伝、今年もナマ観戦&応援してきました。
往路第3区の原宿、大運寺の向かい側にて。

ekiden3b.jpg

往路はまだそれほど差がついていないので
全校、短時間で通り過ぎていきます。

ekiden8a.jpg

こちらは翌日、復路第8区の遊行寺坂が始まるところです。
遊行寺の境内から見下ろして観戦。

ekidn8b.jpg

復路はトップ青学が独走だったこともあり(昨年もそうでした)、
2位の東洋まで7分差、最後の上武が通過するまで25分近く
かかりました。
上武は7区の選手が可哀想なことになってたのね。

ekiden8c.jpg

遊行寺坂の手前で気合を入れるためか、どの学校も
監督のゲキがすごい。 しかも内容が様々で面白いんですよ。
体育会系なのもあれば、的確な指示あり、女の子を
ほめるようなやたらとポジティブなのとか。

3区観戦はウォーキングで、8区観戦はジョギングで。
年末年始に食べ過ぎた分を消費してきました。

***ブログ村ランキングはやめました***
posted by ぽち at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 他の趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

湘南国際マラソンから1週間

151207p2.jpg

先週の日曜日に開催された第10回湘南国際マラソン。
無事にフルマラソン完走いたしております。

shonan1.jpg shonan2.jpg

大会関係者、ボランティアスタッフの皆様、
沿道で応援・見物してくださった皆様、
コース近隣の皆様に感謝いたします。 
おかげさまで今年も楽しく走れました。
ありがとうございました。

マラソンのレポは走るブログに書いています。
1→ http://pochihashiru.seesaa.net/article/430877893.html
2→ http://pochihashiru.seesaa.net/article/430892216.html
3→ http://pochihashiru.seesaa.net/article/430942485.html
4→ http://pochihashiru.seesaa.net/article/430982036.html
5→ http://pochihashiru.seesaa.net/article/431031123.html
興味のある方はどうぞ。


ポチいただけるとうれしいです

 
posted by ぽち at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョギング・カラダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月29日

安曇野の石塔・石仏2(穂高神社)

1hodoso1023.jpg

安曇野にある穂高神社の敷地内に石塔・石仏が集められた
エリアがあります。

2hodoso1023.jpg

安曇野を南北に結んだ千国街道のそばにある穂高神社。
千国街道は上杉謙信が日本海から塩を運ばせたことから
塩の道とも呼ばれています。
過疎になった地域に取り残された道祖神や二十三夜塔を、
人々の願いによって縁あるこの地に祀ることになったそうです。

安曇野の道祖神と違って、砂岩でできているため趣が異なります。

3hodoso1023.jpg

お酒を持った夫婦。

4hodoso1023.jpg

5hodoso1023.jpg

6hodoso1023.jpg

道祖神は村の人の守り神。
一般地域では境・塞を守る、道中を守るのが道祖神ですね。

守り神と同時に縁結びの神としても願いをこめて祀られてきたそうです。
それで夫婦仲良しな双体道祖神が主流なのですね。

7hodoso1023b.jpg

屋根がいいですね〜。

7hodoso1023b.jpg

屋根つきのこちらと。

8hodoso1023mima.jpg

こちら。たぶん両方のことかと思われますが、違っていたら
こちらの道祖神。
北安曇野郡美麻村高出品生にあったもので、縁結びの道祖神として
信仰され、毎年1月15日に道祖神祭が行われていたものと
説明板がありました。

1月15日ってどんど焼きとか塞土焼きの行われる日ですね。
やはり塞の神に関係ある日なのですね。

9hodoso1023mochi.jpg

餅搗き道祖神(複製?)。
群馬県安中市に餅搗きをする道祖神と崇められてきた男女の
双体石像があり…と説明があったので本物ではないと思われます。
本物は寛政八年(1796年)の造立。

夫婦の睦事を杵と臼の餅搗きに見立て、夫婦円満の神として
祀られたもので、説明には道祖神に夫婦の餅搗き像を
思いついた江戸時代の庶民感覚に感心するとありました。たしかにね。

10hodoso1023.jpg

11hodoso1023.jpg

二十三夜塔。
月待信仰の一種で月齢23の日に月待ちをする講(組織)が
供養のために建てたもの。

道々で「三」の文字が刻まれた石塔をいくつかみかけていました。
二十三夜や三夜講が盛んな地域だったのかも。

12omake.jpg

おまけ。
近年できたというステンレス製の道祖神。
神社の駐車場そばに建ってました。
「健康長寿道祖神の像」だそうです。

撮影日:2015年10月23日(金)
穂高神社


ポチいただけるとうれしいです

 
posted by ぽち at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 庚申塔・石塔・石仏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

来週は湘南国際マラソン

2015shonakokusai.jpg

江ノ島から二宮までの国道134号線〜西湘バイパスが
交通封鎖される湘南国際マラソン。

例年11月3日に開催されていたのが、第10回の記念となる
今年は12月の第1日曜となりました。
 
朝8時頃から16時頃まで道路に交通規制がかかります。

2015shonakokusai2.jpg

迷惑ですね、交通規制。
お正月の2日間、交通規制される箱根駅伝も迷惑だとずっと思ってました。
特に20代の頃は、バイクで遊びに出かけたいお正月休みにって。

今や、箱根駅伝は国道1号線までカメラ持って早くから沿道に
ならびに行くし、湘南国際も走らせていただく身です。
人生どう変わるかわかりませんね。

2015shonakokusai3.jpg

11月3日という祭日開催は、湘南へ遊びに来た何も知らない観光客や
箱根・伊豆方面へ出かけたい人に迷惑すぎると思ってましたので
12月の第1日曜はまだましかも…

今年の参加賞Tシャツ。やや趣きが変わりました。


ポチいただけるとうれしいです

 
posted by ぽち at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 他の趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月27日

安曇野の石塔・石仏1(大王わさび農場)

1sekidaio.jpg

双体道祖神発祥の地、安曇野。
道祖神の数は500〜900体と言われています。
旧穂高町だけで130体もあるのですって。

そこまでの数になると、半日程度しかいられない場所で
網羅したいとか調べたいとかいう気持ちは起きません。
立ち寄った観光スポットにあったものだけ見てきました。

大王わさび農場の中に集められた石塔・石仏です。
水車が見えるところには双体はひとつだけ。
両脇は観音菩薩でしょうか。

3sekidaio.jpg

仲睦まじい双体道祖神。
神奈川などで見られる双体はふたり並んでいるだけのものが
ほとんどですが、安曇野では仲良しな夫婦といったものが
メインのようです。

2sekidaio.jpg

観音菩薩?
文化四年(1807年)とあります。
多くの道祖神には建立年月日はほとんど見られないようです。

4sekidaio.jpg

お酒を酌み交わしています。

5sekidaio.jpg

6sekidaio.jpg

こちらは並んで合掌してますね。

7sekidaio.jpg

特大のものがひとつ。
晩酌(?)バージョンです。

8sekidaio.jpg

こんな感じです。

9sekidaio.jpg

こちらもお酒バージョンのようです。

わさび農場だけでなく、まわりの道路を走るだけでみかける
道祖神もたくさんありましたが足を止めず。 
このあと立ち寄った穂高神社には、千国街道(塩の道)にあった
石塔・石仏が集められているのでそちらにだけ寄りました。


ポチいただけるとうれしいです

posted by ぽち at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 庚申塔・石塔・石仏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

安曇野・大王わさび農場・その2

6daio.jpg

わさびオブジェ。
犬連れならみなさん、犬を載せて写真を撮るスポットです。

10daio.jpg

ベンチに腰掛けて泳ぐ鯉がながめられる休憩スポット。

8daio.jpg

名前の由来になる大王神社です。
鳥居手前には創業者一族(1917年開場)の胸像が並んでました。

15daio.jpg

そのからだの1部が埋められた場所が大王神社のようです。

14daio.jpg

農場入口に建っていた魏石鬼八面大王の像。
説明版はこのとなりにありました。

11daio.jpg

農場内を流れる川は万水川と蓼川。

12daio.jpg

蓼川沿いに水車小屋が3つ並んでいます。
大王わさび農場といえばこの三連水車のイメージがありますが
歩いてるだけでは3つ見られません。
グラスボートの遊覧で見られるようです。

13daio.jpg

水車小屋2つは裏側にまわって近くでみることもできます。

湧水流量は日に12万トン、わさび収穫量は年間150トンという
桁違いな規模の大王わさび農場。

清流や緑に心洗われるようなひとときを過ごせる農場は
入場無料・駐車場無料。 
せめて1泊で気軽に行ける距離だったら何度でも訪れたい場所でした。

撮影日:2015年10月23日(金)
無料駐車場:有り

大王わさび農場HP:http://www.daiowasabi.co.jp/


ポチいただけるとうれしいです

 
posted by ぽち at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | あちこちおでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

安曇野・大王わさび農場(長野県)

1daio.jpg

安曇野にある大王わさび農場です。
東京ドーム11個分に相当する敷地には広大なわさび田、
山有り川あり水車あり。 
観光農園としてお店などもあります。

2daio.jpg

わさび田といえば中伊豆のわさび田しか知らないぽち。
山間の谷戸にひっそりと箱庭のように存在するイメージがあります。

それがこちらのわさび田!

3daio.jpg

広い! 明るい!
わさび田というより、まさにわさび農場です。

4daio.jpg

広大かつ美しい景観。

7daio.jpg

育苗中?

9daio.jpg

わさび田のすぐ側も遊歩道になってます。

5daio.jpg

散策コースのモデルプランが3種類ほどパンフレットに出ていました。
30分、1時間、1時間半のコース。

犬連れだったので30分と1時間の中間くらいのコースを散策しました。
1時間半コースに出ている山の道にあるお店、いわな茶屋が営業してたら
お昼に立ち寄りたかったのですが、冬季休業でお休みに入ってました。

撮影日:2015年10月23日(金)
無料駐車場:有り

続きます。


ポチいただけるとうれしいです

 
posted by ぽち at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | あちこちおでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月20日

秋の大内宿・その2(福島県)

1511fo1.jpg

奥の山(左上)から街並みを見下ろすことができます。

1511fo2.jpg

1番奥の建物は浅沼食堂。
前に湯殿山碑が建っています。

1511fo3.jpg

裏山のお堂へとのぼる階段。

1511fo4.jpg

かなり急です。

1511fo5.jpg

子安観音が祀られているというお堂。
こちらの脇を歩くと街を一望できるポイントへいけます。

1511fo6.jpg

茅葺屋根が並ぶながめ。

山をもう少し歩くコースもあるようですが、お堂に戻って
上りとは違うお寺の階段をおります。

1511fo7.jpg

こちら側にあるお蕎麦屋さんでお昼にしました。
大内宿では「ねぎそば」が有名。
どんぶりの上に渡した長ねぎをお箸がわりにしてお蕎麦をいただくとか。

ちょっとその姿にひいてしまい、普通のざるそば注文してしまいました。
薬味に大根おろしもついていておいしかったです。
(大内宿には犬連れで入れるお蕎麦屋さんが数軒あります)。

1511fo8.jpg

1511fo9.jpg

雰囲気のあるお店などなど。

1511fo10.jpg

同犬種オーナーで戸塚に住むご近所さんにばったり。
すごい偶然!
しかも大内宿・三澤屋の文字が入る記念写真ばっちりな場所で。

観光客もお店も多いこじんまりした観光地ですが、
時間がゆっくり流れているようなのんびり感に浸りつつ、
茅葺屋根の景色を楽しめました。

撮影日:2015年10月26日(月)
大内宿有料駐車場:有り(1日300円)


ポチいただけるとうれしいです
posted by ぽち at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | あちこちおでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

秋の大内宿(福島県)

1aou.jpg

10月末の大内宿、駐車場からのながめです。
福島県の山は紅葉の中に白っぽい枯れたような木が目立ちました。
ぼんやりした紅葉に見えてしまいますが、あれは何の木なんでしょうね?

2aou.jpg

大内宿入口。

3aou.jpg

大内宿は会津若松(会津城下)と下野国・日光今市を結ぶ街道に
1640年頃整備された宿駅です。
会津西街道または南山通りと呼ばれる街道に並んだ茅葺屋根の
姿は江戸時代の様子を残しています。

4aou.jpg

5aou.jpg

6aou.jpg

7aou.jpg

8aou.jpg

9aou.jpg

10aou.jpg

塗りや織りの名産品などのお店、蕎麦店がたくさん並んでいますが
街並みとマッチしたのんびりした雰囲気が漂ってました。
ただ、観光客は平日でも半端なく多い…。

13aou.jpg

11aou.jpg

屋根が魅力的。

12aou.jpg

こちらは個性的なかたちしてました。

奥から裏山の高台へ。 続きます。

撮影日:2015年10月26日(月)
大内宿有料駐車場:有り(1日300円)


ポチいただけるとうれしいです
posted by ぽち at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | あちこちおでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

裏磐梯・五色沼の紅葉(福島県)

1goshiki.jpg

10年ぶりで犬連れ長距離ドライブ旅行に行ってきました。
長野県(諏訪・松本・安曇野・白馬・長野・軽井沢)〜
栃木県(那須)〜福島県(大内宿・裏磐梯)というコース。

裏磐梯の五色沼は紅葉のベストシーズンでした。

2goshiki.jpg

大型駐車場から歩いて最初に見える毘沙門沼です。

3goshiki.jpg

五色沼というのは五色沼探勝路沿いにある20〜30の沼の総称で
沼によって或いは日によって沼の色が変わることからついた名前だそうです。

紅葉が映える湖の色でした。

4goshiki.jpg

おもな沼は毘沙門沼、赤沼、深泥沼、弁天沼、瑠璃沼、青沼など。
30年近く前に訪れて歩いているので今回は短く、毘沙門沼から
赤沼あたりまでだけ歩きました。

5goshiki.jpg

団体の観光客も多く、湖沿いの遊歩道は渋滞状態。

6goshiki.jpg

7goshiki.jpg

8goshiki.jpg

9goshiki.jpg

10goshiki.jpg

毘沙門沼の遊歩道入口まで戻ってきました。

あまり紅葉を見に出かけたことがありません。
ふと、3年前の11月の河口湖を思い出しました。
11月末ごろ開催された第1回富士山マラソンのとき、河口湖1周で
紅葉の真下を走ったなぁって。有名な紅葉の回廊も紅葉まっさかりでした。
今、河口湖の紅葉がきれいだそうですが、回廊の紅葉はまだとのこと。
やはり末頃でしょうか。 行けたら見に行きたいですねぇ。

撮影日:2015年10月26日(月)
裏磐梯ビジターセンター駐車場(無料)有り


ポチいただけるとうれしいです

posted by ぽち at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | あちこちおでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月09日

和泉川沿い散策路(瀬谷区・泉区)

1510ftatsu1.jpg

瀬谷区・二ツ橋から和泉川に沿って散策路(遊歩道)を泉区方面へ。
二ツ橋の水辺です。

1510futacos2.jpg

二ツ橋の水辺のコスモス。
この小道はアガパンサスの時期が素晴らしいです。

1510seizu3.jpg

宮沢ふれあいの水辺。なんだかのどか〜。

1510akiazami4.jpg

宮沢ふれあいの水辺で咲いていた秋薊。

1510kibashicos5.jpg

スロープの木造橋(東山橋)の向かい側にあるコスモスの小道。
二ツ橋のコスモスより華やかでした。

1510kibashicos6.jpg

今年はあまりコスモスを見てなかったので、和泉川沿いで堪能しました。

1510miyazawa7.jpg

宮沢遊水池。
いつも釣り人がいます。

1510kunugi8.jpg

泉区側の和泉川沿い。
いろいろなどんぐりがたくさん落ちてました。
くぬぎの実は丸くて可愛いですね。

1510akasaka9.jpg

環状4号線と交錯する新赤坂橋(環4)と下和泉橋(和泉川)の
間にある畑で柿がたくさん生ってました。

瀬谷・二ツ橋から鍋谷橋まで秋の風景が楽しめた和泉川沿いでした。


ポチいただけるとうれしいです

環状4号線で下瀬谷橋まで行き、相沢川沿いに中原街道へ出て南台から
厚木街道の二ツ橋を経由しての和泉川沿い。すべて走ってます。往復19km。


posted by ぽち at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉区どうでしょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月06日

俣野公園の花、金木犀・杜鵑草・芙蓉

1510kinmoku1.jpg

金木犀の香りが公園いっぱいを満たしたのも束の間、
爆弾低気圧の風雨ですぐに散ってしまいました。

1510kinmoku3.jpg

金木犀の香りはきつすぎて好きではありませんが
あまりに今年の花はあっけなさ過ぎました。

1510kinmoku2.jpg

少し可哀想な気すらした今年の金木犀でした。

1510hoto1.jpg

小川の木橋のほとりで咲く杜鵑草(ほととぎす)。
毎年楽しみにしています。

1510hoto2.jpg

まわりの団地の花壇にもありますがそちらは
どれも花が小ぶりです。

公園のは薄暗いところにひっそり咲いていて、
とても杜鵑草らしい風情が感じられます。

1510fuyo1.jpg

源平咲きの芙蓉。

1510fuyo2.jpg

ピンクは先にしぼみ始めています。
白が勝ち(^^;)


ポチいただけるとうれしいです
posted by ぽち at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 戸塚区どうでしょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。